グーネット自動車流通

メニュー

ジョイカルジャパン

10月22日、「キャンピングカー&キャンパーコーナー」特設開催

  • 「キャンピングカー&キャンパーコーナー」チーム(後列左が大井アシスタントマネージャー) 「キャンピングカー&キャンパーコーナー」チーム(後列左が大井アシスタントマネージャー)
  • 第2回「キャンピングカー&キャンパーコーナー」の様子 第2回「キャンピングカー&キャンパーコーナー」の様子

3回目の特設コーナーもチーム一丸で臨む

 TAA横浜(横浜市中区、北口武志社長)は10月22日開催の「収穫祭」にて、「キャンピングカー&キャンパーコーナー」を特設する。

 同特設コーナーは今回で3回目を数え、キャンピングカーを専門コーナーとしたことで出品店と落札店から好評を博している。出品店は自社出品車が注目を集めやすく、落札店は買いやすくなり専門コーナー化の利点が表れている。

 同コーナーの出品車構成は、軽キャンピングカーから大型キャンピングカー、人気のバンタイプなどバラエティに富んだラインナップに過去2開催のセリは活況を呈した。

 今開催でもバラエティに富んだ車種構成と前回同様の出品台数を集め、高まるキャンピングカーニーズに応えていく。

 同特設コーナーへの出品条件は、ベッドキット付(原則フレーム有)車両とし、けん引を要するトレーラーハウス等は不可となる。また、出品車の写真枚数は最大で20枚掲載し、装備箇所を中心に豊富な写真点数でキャンピングカーを紹介する。

 営業室の大井健介アシスタントマネージャーは「装備箇所はキャンピングカーの肝。細かな部分をしっかり伝え、出品店と落札店の期待に応えたい」と話す。
 また「今回もチームで臨む。前回の特設開催でのお客様の声を参考に、チームで打ち合わせを重ねてきた。出品店と落札店の方々のお役に立てるよう取り組んでいく。皆様のご出品、ご来場をお待ちしております」と話した。

関連記事

企業・団体

店舗情報

ひと

コラム

相場・統計

新製品

新車ランキング

中古車ランキング

年頭所感

整備

板金