グーネット自動車流通

メニュー

バディカ書籍案内

新春初荷AAに4707台を集荷

  • セリ前のセレモニーで挨拶を述べる熊﨑社長 セリ前のセレモニーで挨拶を述べる熊﨑社長
  • セリ前に挨拶を述べる横山理事長 セリ前に挨拶を述べる横山理事長
  • 毎年恒例となった「中谷堂」のお餅を進呈 毎年恒例となった「中谷堂」のお餅を進呈
  • 毎年恒例となった「中谷堂」のお餅を進呈 毎年恒例となった「中谷堂」のお餅を進呈

1月は4週連続イベントを実施

 JU岐阜羽島オートオークション(岐阜県羽島市、熊﨑尚樹社長)は、1月7日、「新春初荷AA」を開催した。当日は出品4707台、成約2025台、成約率43.0%、成約単価59万0400円を記録した。

 セリ前のセレモニーで熊﨑社長は「昨年1年間を振り返ってみると、経済情勢、世界情勢に振り回されながら、環境に対応してきた1年だったと思います。我々、自動車流通業界にいるものとしても、価格相場の変動が非常に大きく、振り回された1年だったと思います。今年は、アナログ、リアル、デジタルというものを合わせながら、時代に即し、皆様の商売に合ったものを様々な形で提供していくとともに、業界と皆様のビジネスマッチングを進める年にしたいと思っております」と挨拶を行った。

 続いて、横山隆仁理事長が挨拶に立ち「自動車業界においては、中古車の流通台数が激減した大変厳しい環境の中であったかと思います。そのような中にもかかわらず、多くの会員に支えられ、暦年で21万6461台という出品台数をいただいたことに改めて感謝申し上げます。今後も皆様方にとってさらなる利便性を追求し、安定した台数を供給できるようなオークション会場づくりに努めて参りますので、引き続きの支援をお願いします」と述べた。

 イベントでは、来場プレゼントで「中谷堂」のお餅、出品・落札賞で「紅白年明けうどん」を進呈したほか、人気暖房家電があたる「新春お年玉おみくじ」を実施した。

 同会場では7日から28日の4開催において4週連続のイベントを実施。14日は出品・落札で「紅白バーム」、21日は出品・落札で「a noeud ~結~」を進呈、28日はトレタマEXコーナー、売切りEXコーナー対象で出品・落札台数に応じてカップ麺1ケースなどを進呈する。

関連記事

企業・団体

店舗情報

ひと

コラム

相場・統計

新製品

新車ランキング

中古車ランキング

年頭所感

整備

板金