グーネット自動車流通

メニュー

JUテントリ

周年記念の出品数・成約数新記録、今秋には16レーン化へ

  • 節目の周年記念であいさつに立つ瀬田社長 節目の周年記念であいさつに立つ瀬田社長
  • 三上執行役員東京会場長が30周年に謝辞を述べた 三上執行役員東京会場長が30周年に謝辞を述べた
  • USSガールズも30周年を盛り上げた USSガールズも30周年を盛り上げた
  • 周年記念最高出品台数記録 周年記念最高出品台数記録

30周年記念AA開催

 USS東京(千葉県野田市、瀬田大社長)は5月23日、「30周年記念AA」を開催した。

 当日のセリは、周年記念開催において新記録となる出品台数と成約台数を記録。節目の周年記念を盛大な開催で飾った。出品台数は1万7480台、成約台数は1万2794台、成約率73.2%、平均成約単価160万4000円の高実績を記録し、セリは活況を呈した。

 当日は30周年記念開催を受け、瀬田社長があいさつに登壇。瀬田社長の口からUSS東京会場の16レーン化と会場の建て替えが発表された。16レーン化は今年の10月、会場建て替えは26年度の計画となるが、会員の更なる利便性向上を追求していく。

 三上正裕執行役員東京会場長は16レーン化について「セリ時間を短縮でき、会員様はセリに参加しやすくなる」とメリットを挙げる。一方で「16レーン化に伴いコーナー編成を考えるが、売りやすさと買いやすさをしっかり見極めていかないといけない」と話し、16レーン化を見据え、より良い運用に考えを巡らしている。

 今開催では出品台数と成約台数が周年記念における新記録を達成した。出品1万7480台のうち、新規出品車比率は約82%を占め、新規出品車が成約台数記録にも大きく反映された。

 三上執行役員東京会場長は、USS東京の立ち上げから携わってきた。その東京会場が30周年を迎え「会員様あってのUSS。会員様のおかげでUSSがある。30周年を迎えられたのも会員皆様のおかげであり感謝している」と30年の歩みを振り返り、感謝の言葉を述べた。
 また「USSの成長の根っこには公平公正な運営がある。これは一貫し、ブレていない。だからこそ今に繋がっている」と話す。今後についても「30年は人間で言えば、ようやく一人前になった状態。まだまだ成長していかないといけない。これからの40年、50年と引き続き公平公正なオークション運営に努め、会員皆様方の利便性を追求していく」と話した。

 セリ前にあいさつに立った瀬田社長は「会員皆様のおかげで30周年という大きな節目を迎えることができ、心より感謝」と謝辞を述べた。
 続けて「この東京会場はUSSグループで3番目の会場としてオープンし、皆様と共に成長させていただいている。先日、次の世代を見据えた事業計画を発表させていただいたが、その中に既存の大型会場の建物を建て替え、新築する計画がある。まずは来年の夏に横浜会場の施設を一新する。次にHAA神戸、その次にここ東京会場を計画している。東京会場の建て替え内容は、まだ白紙の段階だが約2年後に生まれ変わる予定を立てている。是非、次世代の新しい施設に対してご期待いただきたい。また、東京会場は秋口に12レーンから16レーンへと、4レーンの増設を計画している。これは皆様のご商売にダイレクトに関わる大事な部分であり、広くご意見をいただきながら進めて行きたい」と述べた。
 最後に「本日もたくさんのご出品をいただいており、良く売れると思う」と述べ、活発な応札を呼び掛けた。

 続いて三上執行役員東京会場長が「会員皆様のおかげ30周年を迎えることができ、スタッフ一同心より感謝申し上げます」と謝辞を述べた。
 続けて「東京会場の誕生時は1920台とまだまだ少ない出品台数であったが、皆様に育てていただいたおかげで本日は1万7500台の出品と大きく成長させていただき感謝」と振り返った。
 最後に「今後のサービス面については今、展開している360度内装画像を他コーナーへの拡大、デジタル出品の利便性向上、10月の16レーン化に向けてのコーナー編成等、様々なサービスを展開していく。ご期待をいただきたい」と述べた。

関連記事

企業・団体

店舗情報

ひと

コラム

相場・統計

新製品

新車ランキング

中古車ランキング

年頭所感

整備

板金