グーネット自動車流通

メニュー

JUテントリ

開場44周年大記念は今年度最多出品台数

  • 川原執行役員が挨拶 川原執行役員が挨拶
  • 盛大なイベント開催のほか、献血活動も実施 盛大なイベント開催のほか、献血活動も実施
  • 同社営業本部の森好二郎次長が挨拶 同社営業本部の森好二郎次長が挨拶
  • セリ開始前のセレモニー セリ開始前のセレモニー
  • ヤードを埋めた出品車 ヤードを埋めた出品車
  • 献血活動を実施した 献血活動を実施した
  • 会場前には豚汁屋台 会場前には豚汁屋台
  • 台数賞を用意した 台数賞を用意した
  • 会場エントランスでイベントを実施 会場エントランスでイベントを実施
  • 多くの来場者が集まり活気溢れるイベント開催に 多くの来場者が集まり活気溢れるイベント開催に

新規搬入車が9割、良質小売りダマ集め高成約率、高成約単価

 ベイオーク(大阪市住之江区、塩原淳平社長)は2月16日、「開場44周年大記念オートオークション(AA)」を開催した。出品台数は今年度最多の1885台に上ったほか、活発なセリの結果、成約台数は1441台を記録、成約率76.4%という活況だった。新規搬入車が全体の9割を占めるなど、高鮮度の小売りダマにコールが集まり、88万5000円という高成約単価を記録した。

 セリ開始前のセレモニーでは川原浩祐執行役員が挨拶に立ち「本日は大記念AAに際して約1900台のお車をご出品いただきました。ベイオークはこの2月で開場44周年を迎える事ができました。これからも50周年、60周年に向けて、会員の皆様のお役に立てる会場作りを推進してまいります」と心からの感謝の言葉を述べた。

 今回の大記念AAでは、出品店件数や来場者数が通常時の2倍程度に上り、今年度最高の実績につながった。来場者数はコロナ禍に入る前の2020年以来の500社超えを記録した。

 同社では、今回の大記念AA開催に際して、ダイレクトメール(DM)や電話などを利用した地道な営業活動を展開したほか、AA当日は台数賞や豚汁屋台などのイベント効果もあり、活気溢れるオークション開催だった。
 多数の来場会員を迎えた一方で、万全のコロナ対策を実施したほか、日本赤十字社大阪府赤十字血液センターと協力した献血活動にも多くの来場会員が協力し、AA会場と会員が一体感を高めるイベント開催だった。ベイオークの特徴でもある「活気溢れるイベント」が来場会員を楽しませ、笑顔溢れる大記念だった。

関連記事

企業・団体

店舗情報

ひと

コラム

相場・統計

新製品

新車ランキング

中古車ランキング

年頭所感

整備

板金