グーネット自動車流通

メニュー

バディカ書籍案内

【会場長インタビュー】 中島恵一会場長代行に聞く

  • 中島会場長 中島会場長

スタッフ力の高さを強みに地元密着、利用される会場に

 4月よりUSS東北に着任した中島恵一会場長代行。オークション運営本部在籍歴が長く、USS全国19会場の運営を通じてオークションに携わってきた。全国の会場を俯瞰して見てきたその経験は、逆に中島会場長代行の強みとも言える。会場に足を一歩踏み入れると、USS東北会場スタッフが明るい挨拶で会員を迎え入れるなど、既に中島会場長代行の取組みは浸透してきている。福島県伊達市出身の東北魂を持って会場運営に臨む中島会場長代行に話を聞いた。

■USS東北会場の特長は
 一番に挙げるのはスタッフの能力。一つひとつの業務の質が高く、限られた人数もあり、複数の業務をこなせる力を持っている。特に検査は会員様からお褒めの言葉もいただくほどであり、その質の高さを証明しているのが、平均成約単価と成約率の高さである。また東北は低額車が多いエリアだが、当会場の出品車は東北だけではなく、日本全国どこにでも持っていける小売ダマが多い点が特長で価格も関東圏と遜色が無いものになっている。
 設備面についても今年初めにPOS席をリニューアルし、内装360度画像を取り入れるなど会員様にとってより利便性の高いものになっている。

■今後の取組みは
 地域密着の会場づくりをより進めていく。その為には靴底を減らし、もう一度お客様にUSS東北を知ってもらうことが大事。挨拶もだが、当たり前のことをしっかりやる。人の基本を大切にし、お客様に寄り添い、ニーズを汲み取り、お客様のことを考え選んでもらえる会場をつくっていく。

■プロフィール
中島恵一(なかじまけいいち)
1977年10月生、福島県伊達市生まれ。
オークション運営本部、USS名古屋電算課、オークション運営本部を歴任

関連記事

オークション

企業・団体

店舗情報

コラム

相場・統計

新製品

新車ランキング

中古車ランキング

年頭所感

整備

板金