グーネット自動車流通

メニュー

バディカ書籍案内

25周年大感謝祭、北海道流通の要として存在感示す

  • セレモニーでは瀬田社長と菅田会場長が挨拶に立った セレモニーでは瀬田社長と菅田会場長が挨拶に立った
  • セレモニーで挨拶に立つ菅田会場長 セレモニーで挨拶に立つ菅田会場長
  • セレモニーで挨拶に立つ瀬田社長 セレモニーで挨拶に立つ瀬田社長
  • スーパーステージコーナーの出品台数は過去最高に迫る スーパーステージコーナーの出品台数は過去最高に迫る
  • スーパーステージコーナーの出品台数は過去最高に迫る スーパーステージコーナーの出品台数は過去最高に迫る
  • スーパーステージコーナーの出品台数は過去最高に迫る スーパーステージコーナーの出品台数は過去最高に迫る
  • 恒例となったダーツゲームでは豪華賞品が並ぶ 恒例となったダーツゲームでは豪華賞品が並ぶ
  • DRiVe‐Xシミュレーター試乗会にも注目が集まった DRiVe‐Xシミュレーター試乗会にも注目が集まった

スーパーステージコーナーには希少車31台が並んだ

 USS札幌(北海道江別市・瀬田大社長)は3月15日(水)「25周年記念大感謝祭AA」を開催した。
当日は天候にも恵まれ、春の訪れを感じる一日となり、セリ結果は出品5519台、成約3577台、成約率64.8%となった。

 セリ前のセレモニーでは瀬田社長が挨拶に立ち、「皆様のおかげで25周年を迎えることができました。ターニングポイントは2000年5月に導入されたUSSJAPAN端末により道外からの応札が可能になったこと。この4月からは新たなサービスとなるコネクテッドローンもスタートするので今後も是非ご期待いただきたい」と謝辞を述べた。続いて菅田会場長からは「1998年3月に出品1550台からスタートし、25年の月日を重ねて北海道における出品シェア55%まで成長することができました。道内の流通を変えたい、活性化させたいという想いで運営してきたが、今後も会員の皆様と一緒に歩んでいきたい」と話した。

 同会場ではデジタル出品や下回り画像システムの導入、またEV対応に向けた充電スタンドの設置など、会員の更なる利便性向上に繋がる新たなサービスも予定している。

関連記事

企業・団体

店舗情報

ひと

コラム

相場・統計

新製品

新車ランキング

中古車ランキング

年頭所感

整備

板金