グーネット自動車流通

メニュー

ジョイカルジャパン

義援金寄贈のためパキスタン大使館に表敬訪問

  • 目録を手渡す斉藤社長(右)とイスマット・ハッサン・シアル大使(左) 目録を手渡す斉藤社長(右)とイスマット・ハッサン・シアル大使(左)
  • 左からシカンダル・アリ・パシャ社長、イスマット・ハッサン・シアル大使、斉藤社長、アーシー・ルクマン・ハフィズ参事官 左からシカンダル・アリ・パシャ社長、イスマット・ハッサン・シアル大使、斉藤社長、アーシー・ルクマン…
  • 贈呈式後には中古車市場についての意見交換が行われた 贈呈式後には中古車市場についての意見交換が行われた

洪水被災者支援のためグループ全体で募金活動を実施

 シーエーエー(愛知県豊田市、斉藤啓太社長)は10月20日、駐日パキスタン大使館(東京都港区)を表敬訪問し、パキスタン洪水の被災者支援のための義援金を寄贈した。

 パキスタンでは今年6月以降大規模洪水に見舞われ、国土の30%以上が水没、3300万人以上が被災している。同社では、輸出仕向け国としてオークション取引の活性化に寄与している同国への支援を行う為、各拠点での募金活動ならびにグループとして義援金の寄付を実施することとなった。

 大使館には、斉藤社長と菅澤武志東京会場長が訪問。イスマット・ハッサン・シアル大使から直々に出迎えを受け、アーシー・ルクマン・ハフィズ参事官、アサトレーダズインターナショナル社長シカンダル・アリ・パシャ氏を交え、斉藤社長から大使に直接目録が贈呈された。その後1時間にわたり会談が行われ、中古車市場についての意見交換や、両国のさらなる協力体制を再確認する場となった。

 募金は今年9月、シーエーエー4会場と同社グループ会社のシグマネットワークスに募金箱を設置して行われた。各会場で集められた募金にシーエーエーグループからの寄付を合わせ100万円が浄財として寄贈された。

 同社では2010年の洪水災害の際も義援金を寄贈。当時のこと大使が認識しており、今回の寄贈にあわせて感謝の意が大使から表された。

関連記事

オークション

店舗情報

ひと

コラム

相場・統計

新製品

新車ランキング

中古車ランキング

年頭所感

整備

板金