グーネット自動車流通

メニュー

ジョイカルジャパン

9月17日開催より下回り画像の対象コーナーを大幅に増加

  • 縦方向にカメラを設置することでタイヤの溝画像の撮影が可能になった 縦方向にカメラを設置することでタイヤの溝画像の撮影が可能になった
  • 最先端の処理により鮮明な画像で提供 最先端の処理により鮮明な画像で提供

タイヤの溝画像を追加し車両の見える化を促進

 ユー・エス・エスは名古屋会場で導入している下回りとタイヤ画像について、9月17日開催分より対象コーナーを大幅に拡大、約6000台の車両で閲覧が可能になる。あわせて、タイヤの溝画像を追加。車両の見える化による安心の提供をより推進していく。

 今回追加されるのは、「ファーストプライム」「プライムタイム」「」「軽プライムタイム」「輸入車プライムタイム」「輸入車」「輸入車@30」「名古屋初出品」の7コーナー、約3500台。今回の追加により全出品台数の2/3にあたる出品車両に下回りとタイヤ画像が付帯される。画像についてはCIS(パソコン・スマートフォン)より閲覧することができる。

 下回りおよびタイヤ画像は、イスラエルUVeyeの撮影システムを使用。車両下部、タイヤ、ホイールの高度3Dスキャン撮影とAIによる画像解析の組み合わせにより、瞬時に車両異常を自動感知することができ、人による目視が一般的な検査において、本システムの導入により検査の迅速化が可能となっている。

 同画像は、2020年6月に名古屋会場に初めて導入。ノウハウを蓄積した後、21年2月には下回りとタイヤ画像に加えて、今回名古屋会場で導入されるタイヤの溝画像を合わせ、東京会場に導入された。

 今後については、東京会場で対象コーナーの増加とHAA神戸会場の導入を今秋に予定している。

関連記事

企業・団体

店舗情報

ひと

コラム

相場・統計

新製品

新車ランキング

中古車ランキング

年頭所感

整備

板金