グーネット自動車流通

メニュー

ジョイカルジャパン

周年記念を今年度最高出品台数で飾る

  • 挨拶に立つ幾島会場長代行 挨拶に立つ幾島会場長代行

23周年記念AA開催

 USS群馬(藤岡市中、瀬田大社長)は10月15日、「23周年記念AA」を開催した。

 当日のセリは今年度最高出品台数となる2601台を集め、成約1784台、成約率68.6%、平均成約単価51万3000円の高実績を記録し周年記念に相応しい盛会となった。

 また、出品店件数も昨年を上回り最高を記録。高成約率を誇る「プライムタイム」「ディーラー」の両コーナーに加え、約80%を占めた新規出品車がセリをけん引。同開催の高成約率にセリに繋がった。

 幾島健生会場長代行は「スタッフ全員営業で一丸となって臨んだ取り組みに、出品店様が応えてくれた」と話す。
同会場は特設輸入車コーナーを設置するなど、売り手と買い手のニーズに応えるべくコーナーを見直している。

 特設輸入車コーナーは高成約を記録し活発な応札が展開されている。引き続きコーナーを見直し、売りやすい買いやすいコーナーづくりに取り組んでいく。

 開催に先立ち挨拶に立った幾島会場長代行は「新車減産により中古車が減少し、相場が高騰している大変な時期に2601台の出品をいただき心より感謝」と謝辞を述べた。
 続けて「USS群馬会場は1997年4月に開設準備室を立ち上げ、新規会員募集を行っていた。今も当時の準備室からのオープニングメンバーは残っており、当時の役員を含め15名程度のスタッフでスタートした」と開設当時を振り返った。
 「オープン前の会員数は約800社の加盟をいただき、1999年平成11年10月23日にUSS群馬会場として第一回目のオークションを開催した。その開催では出品1865台、成約895台、成約率48.2%で終え、そこからUSS群馬がスタートした」と述べた。
 また「今回の23周年記念AAでは昨年記録した最高出品店件数を上回る出品店様に参加をいただき、歴代最高記録を更新できた。これも地元出品店の皆様、また遠方から出品していただいた皆様のおかげ」と謝意を表した。
 最近の会場について「2年前の3月にはシステム入れ替えを行い、バイヤー席のモニターを一新した。昨年は食堂メニューを見直し、より多くのメニューを提供し食事を楽しんでもらえるようにした。今後は場内照明のLED化も検討している。また、スタッフが会員様のお役に立てるプロ化を目指し、会員様にアドバイスができるよう勉強し、レベルアップを図っている。その一つが検査講習会であり、会員様に検査のポイントを紹介している」と述べた。
 最後に「群馬会場は地域の皆様と一緒に中古車業界を盛り上げていきたいと思っている。会員様と共にご商売のお役に立てるよう努力していく」と述べた。

関連記事

企業・団体

店舗情報

ひと

コラム

相場・統計

新製品

新車ランキング

中古車ランキング

年頭所感

整備

板金