グーネット自動車流通

メニュー

JUテントリ

リレー目標達成、バイクは独自検査で活発な応札

  • あいさつに立つ千﨑理事長 あいさつに立つ千﨑理事長
  • 佐藤流通委員長が関連協リレーのたすきを掛けあいさつ 佐藤流通委員長が関連協リレーのたすきを掛けあいさつ
  • 会場前に並ぶバイクコーナー出品車 会場前に並ぶバイクコーナー出品車

オートバイ事業協同組合コラボ JU関連協スプリングリレービッグAA開催

 JU千葉(千葉市稲毛区、千﨑悟之理事長)は4月19日、「オートバイ事業協同組合コラボ JU関連協スプリングリレービッグAA」を開催した。

 当日のセリはJU関連協リレーの出品目標1700台を大きく上回る出品1938台を集荷。成約は1256台、成約率64.8%、平均成約単価43万6000円の好結果を収めた。

 開催に先立ちあいさつに立った千﨑理事長は「皆様のおかげを以ってリレー目標を大きく上回ることができた。皆様のご協力に感謝」と謝辞を述べた。
 続いて佐藤康弘流通委員長がJU関連協リレーのたすきを掛け「本日はオートバイ事業協同組合様とコラボ開催となっている。バイクもクルマ同様に活発に競っていただきたい」と呼び掛けた。

 JU千葉は昨年10月に、千葉オートバイ事業協同組合(千葉県船橋市、平野信也理事長)とコラボをスタートした。毎月1回の特設から、現在は毎週バイクコーナーを設け、活発なセリが展開されている。
 JU千葉はバイクコーナーの常設化に併せ、出品バイクの検査を実施し、評価点も付けた。これにより外部からの応札も活発になり、自動車販売店や輸出業者に競られている。

 千﨑理事長は今年度の取り組みに「組織強化」を掲げ取り組んでいる。現在、約250社の組合員数に対し、400社を目標に掲げ、重点課題として挙げる組織強化に臨む。

関連記事

企業・団体

店舗情報

ひと

コラム

相場・統計

新製品

新車ランキング

中古車ランキング

年頭所感

整備

板金