異業種トップインタビュー「COCO高橋俊介社長」に聞く - グーネット自動車流通

2022年12月1日 [木曜日] 赤口 |  西暦元号早見表 西暦元号早見表  |  サイトマップ サイトマップ

異業種トップインタビュー「COCO高橋俊介社長」に聞く

ひと 2022年08月25日
中古車販売店が多数導入するアンケートや口コミ獲得ができる業務用チャットアプリを提供
会社名:COCO
COCO高橋俊介社長

COCO高橋俊介社長

拡大拡大する

 デジタルアンケートサービスを手掛けるcoco(東京都渋谷区、高橋俊介社長)は、SMS(ショートメッセージ)を活用することで、簡単に顧客アンケートや口コミを集めたり、顧客の日常的なサポートを手伝うコミュニケーションサービスを提供する。今まで繋がっているようで繋がらなかった「お店と顧客」を、シンプルに、誰でも簡単に使えるシステムでつなぐという。顧客は中古車販売店が多数を占めると話す高橋社長に話を聞いた。(近藤厚志)

【創業のきっかけは】
 学生時代に創業した。上手な整体師にお世話になり、何とか応援したいという気持ちからGoogleMapに口コミを集めるサービスを開始したところ、あっという間にその整体師の顧客を増やすことができた。もっと様々な業種で使えるだろうと幅広く展開したところ、未使用車が中心の中古車販売店が顧客になったため、サービスを提供したが、これが大当たりであっというまにネット上の口コミが1000件になった。これをきっかけに中古車販売店のスタッフがスマホでシンプルに使えるアプリを開発したのが現在につながる第2の創業のきっかけとなった。

【サービス概要は】
 中古車販売店は他の業種と比べると、もともと接客レベルが高く、よい口コミが集まる下地がある。店舗スタッフがユーザーとコミュニケーションがとれる機能を導入し、その場で、スマホ上でアンケートが取得できるアプリを開発した。現場ですぐに使えるデジタルツールとなる。

【導入実績、活用事例は】
 導入実績は、大手中古車販売店を中心に全国で200社ほどとなる。導入している中古車販売店の満足度は高い。このアプリを使えば確実に口コミ数が増えるので、来店に繋がっているという事例が増えてきている。中古車販売店に限らず、来店する新規顧客の半数以上が、事前に口コミに目を通していると思う。定量化が難しいが確実な手ごたえはつかんでいる。

【将来展望(ビジョン)は】
 3年後には20倍の顧客数を目標にしている。そのためには顧客にどう貢献していくのかを優先にサービスの設計をしていく。販売店が二極化している。その場に価値がある。リアルにこだわるデジタルツールに磨きをかけたい。キーとなるのはやはり「人」であり、主役も「人」。向き合うことが大切で、今後も現場に特化したサービスを提供していきたい。

【プロフィール】
高橋俊介氏(たかはし・しゅんすけ)群馬県太田市出身、1990年生まれの32歳。慶応大学理工学部在籍中にCOCOを創業する。趣味は、テニス、囲碁、サウナ、ドラマ鑑賞。好きな言葉は「周囲の成功が、自分の成功につながる」関わった人の成功を第一に考える。



[PR]トレンドウォッチ

オークション一覧へ


企業・団体一覧へ


整備一覧へ


板金一覧へ


店舗情報一覧へ


コラム一覧へ


相場統計一覧へ


新製品一覧へ


新車ランキング一覧へ


中古車ランキング一覧へ


FC加盟募集 アップル

荒井商事

ASNET

QuickXQuick

週間オークション情報

Loca Loca

オークション会場情報へ

成功事例集

バナー広告募集中

グーネット自動車流通へのご意見・ご要望

ひと関連の過去記事を検索する

日  ~  

【対象評価点】

4、4.5点

【抽出価格条件】

直近価格が500千円以上

【抽出台数条件】

毎月50台以上の流通が過去6ヶ月連続していること