令和最新版【査定検査ガイド】㉖ミニバン・SUVチェックの落とし穴② - グーネット自動車流通

2024年7月13日 [土曜日] 先勝 |  西暦元号早見表 西暦元号早見表  |  サイトマップ サイトマップ

令和最新版【査定検査ガイド】㉖ミニバン・SUVチェックの落とし穴②

整備 2024年06月27日
会社名:ジャッジメント

 令和の現在、ミニバン・SUVモデルが販売面において大きなシェアを占めています。当然、査定案件においてもこれらのモデルに遭遇することも多く、修復歴の見落としを防ぐためにも、その特徴を理解しておく必要があります。 今回は、前回の【ボンネット取付位置の高さ】に引き続き、要注意エリア【左側面エリア】についてご紹介します。

●右ハンドル仕様の宿命
 自動車の通行において『左側通行』と定められた日本では『右ハンドル仕様』の車が大半を占めています。
 輸入車ブランドのミニバンやSUVモデルにおいてもその傾向は強く、左ハンドル仕様に遭遇する機会もかなり希少といえるでしょう。
 さら現在のミニバン・SUVモデルは、皆様もご存じのようにモデルチェンジ毎に大型化しています。
 こうした事情から現在のミニバン・SUVモデルの左側面には死角が多く発生します(画像①)。
 事実、弊社検査データに基づき大型ミニバンの代表的モデル『トヨタ・アルファード(30系)』を分析したところ、オークション評価『3.5点』以下になる車両のうち約53%が【側面エリアの損傷が要因】とみられ、さらにその70%が【左側面エリアに集中】していることが判明しました。
 もちろん損傷リスクが高い=修理率も高くなりますので、査定時には慎重に確認しなければなりません。

●交換エリアは、主に2パターン
 大型ミニバン・SUVの場合、リヤフェンダーの交換には大きく2パターンみられます。
 パターン①リヤフェンダーエリア全体を交換しているケース(画像②)
 パターン②リヤフェンダーのタイヤハウスアーチ部分を中心に部分カット交換をしているケース(画像③)
 これらを想定し、確認場所として有効なのが、リヤドアを開けた開口部の溶接跡確認です(画像④)。とくにパターン②を見逃さないためにもなるべく下部エリアを確認するようにしてください。
 幸いにも軽自動車と異なり、多くのミニバン・SUVモデルは、この部分に取り付けられたウェザーストリップが外しやすくなっています。

●発見した際には、ピラーまで追って確認
 リヤフェンダーの交換修理は、直接接合しているリヤインサイドパネルやステップを介してセンターピラー部分にまで修理が及んでしまうことがあります。
 査定金額算出の『肝』となりますので、丁寧な確認を心掛けましょう。。
 




[PR]トレンドウォッチ

オークション一覧へ


企業・団体一覧へ


板金一覧へ


店舗情報一覧へ


ひと一覧へ


コラム一覧へ


相場統計一覧へ


新製品一覧へ


新車ランキング一覧へ


中古車ランキング一覧へ


FC加盟募集 アップル

荒井商事

ASNET

QuickXQuick

週間オークション情報

オークション会場情報へ

成功事例集

バナー広告募集中

グーネット自動車流通へのご意見・ご要望

整備関連の過去記事を検索する

日  ~  

【対象評価点】

4、4.5点

【抽出価格条件】

直近価格が500千円以上

【抽出台数条件】

毎月50台以上の流通が過去6ヶ月連続していること