グーネット自動車流通

メニュー

JUテントリ

センターセリ機導入決定

  • 写真はアライ小山会場外観 写真はアライ小山会場外観

ポス席からの会場間応札や多レーン化展開も可能に

 荒井商事(神奈川県平塚市・荒井亮三社長)が運営するアライオートオークショングループ(以下、アライAA)は、セリ機共有化の仕組みとなる「センターセリ機」の導入を決定した。
 
 現在、アライAAの仙台・小山・ベイサイド会場は、セリ機を会場個別にて導入、運営をしている。今回導入を決定したセンターセリ機は、ポス席からの会場間応札や多レーン化展開も可能とする。
会場間応札では同日開催(例:火曜日開催の仙台会場とアライバイク、アライ建機)の相互応札を可能とし、アライAA未開催日会場においても会場を開放することで応札ができる環境を提供する。

 また、センターセリ機導入に伴い、ベイサイド会場と小山会場バントラの多レーン化展開を実施。ベイサイド会場は2レーンから4レーンへ、小山会場バントラは6レーンから8レーンへ移行を予定している。

 センターセリ機の導入スケジュールは、ベイサイド会場が2020年1月、小山会場が2020年8月、仙台会場が2021年1月を予定している。

 アライAAは「今後も会員様のご要望に一つでも多くお応えできるよう、従業員一丸となって取り組んでまいります」としている。

関連記事

企業・団体

店舗情報

ひと

コラム

相場・統計

新製品

新車ランキング

中古車ランキング

年頭所感

整備

板金