グーネット自動車流通

メニュー

ジョイカルジャパン

出品400台超集め、JU中四国ジャンボAA開催

  • セレモニーで挨拶する木村理事長 セレモニーで挨拶する木村理事長
  • JU中四国の浜村流通委員長も挨拶に立った JU中四国の浜村流通委員長も挨拶に立った
  • 地元会員が支え、活発なAAを展開するJU山口 地元会員が支え、活発なAAを展開するJU山口
  • 出品ヤードには多数の良質車 出品ヤードには多数の良質車

JU共有セリシステム導入5周年記念とのWタイトル

 JU山口(山口県防府市・木村武理事長)は9月13日、「JU中四国ジャンボ・JU共有セリシステム5周年記念オートオークション(AA)」を開催した。タマ不足の中、会員と新車ディーラーの協力により、400台を超える出品台数を集め、盛大に開催した。

 セリ開始前にはセレモニーを開催した。木村理事長は「タマ不足の影響で400台程度の出品台数に止まったものの、良質車が多数出品されています。最後まで活発な応札をよろしくお願いします」と挨拶を述べた。

 JU中四国(安部英雄会長)の浜村浩司流通委員長(JU島根理事長)は「本日は晴天のもとで、ここJU山口で中四国ジャンボAAを開催することが出来ました。今後も流通委員会として、JU山口AAを盛り上げてまいります。本日のAAも皆様のお力で高成約となることを期待しています」と話した。

 木村理事長は自動車流通新聞の取材に対し、「ディーラー各社の協力で小売り向け良質車も多数集まった。中四国の一体感にも手応えをつかむことが出来た。秋のリレーAAの前哨戦として、今回のAAでは会場落札と外部の相乗効果を期待したい」とする。また、「来春には会場設備のリニューアルを予定している」(木村理事長)とし、次世代型端末の導入や会場設備のリニューアルを実施することを示唆した。

関連記事

企業・団体

店舗情報

ひと

コラム

相場・統計

新製品

新車ランキング

中古車ランキング

年頭所感

整備

板金