TAA九州の地元小郡市と朝倉市にマスクとフェイスガードを寄贈 - グーネット自動車流通

2020年9月26日 [土曜日] 大安 |  西暦元号早見表 西暦元号早見表  |  サイトマップ サイトマップ

TAA九州の地元小郡市と朝倉市にマスクとフェイスガードを寄贈

企業・団体 2020年08月07日
地元の医療従事者などを支援し地域社会に貢献
会社名:トヨタユーゼック
小郡市での寄贈式(写真左が加地市長)

小郡市での寄贈式(写真左が加地市長)

複数画像有

拡大拡大する

 トヨタユーゼック(千葉市美浜区、北口武志社長)は8月5日、同社が運営するオートオークション(AA)会場、TAA九州(福岡県小郡市)の地元・小郡市と隣接する朝倉市に対し、使い捨てマスクとフェイスガードを寄贈した。当日は同社の人見真司理事と稲田桂二会場長らが両市役所を訪れ、寄贈式が行われた。

 同社では「今年はコロナ禍で医療従事者をはじめ、多くの方が大きな不安やストレスを抱えながら日々の生活を強いられる中、TAA九州会場も地域の一員として、一日も早くコロナが終息することを心よりお祈り申し上げるとともに、少しでも地域の皆様のお役に立てるよう、トヨタグループの一員として支援してまいります」としている。

 同会場は2000年10月、小郡市の開設し今年で20年目の節目を迎える。改めて地元地域への社会貢献につなげるほか、朝倉市は17年7月の九州北部豪雨被害からの復興途中にある。同会場では昨年、朝倉市に豪雨災害支援金として45万円を寄付した。

 今回は、両市に使い捨てマスク1500枚とフェイスシールド400枚をそれぞれ寄贈した。地元で奮闘する医療従事者などに届けられる予定だ。

 小郡市の加地良光市長は「今後も地元企業の方との協力関係を強めていきたい。今回贈呈いただいたマスクとフェイスガードは大変有難く、有効に使わせていただきます」と感謝の言葉を述べた。

 朝倉市の右田博也副市長も「昨年に引き続き、ご支援いただき大変有難く感謝いたします。豪雨災害からの復興もまだまだ時間がかかると考えていますが、一歩一歩着実に進めていきたい」と話した。

[PR]トレンドウォッチ

オークション一覧へ


整備一覧へ


板金一覧へ


店舗情報一覧へ


ひと一覧へ


コラム一覧へ


相場統計一覧へ


新製品一覧へ


新車ランキング一覧へ


中古車ランキング一覧へ


FC加盟募集 アップル

荒井商事

ASNET

週間オークション情報

Loca Loca

オークション会場情報へ

繁盛店レポート

バナー広告募集中

グーネット自動車流通へのご意見・ご要望

企業・団体関連の過去記事を検索する

日  ~  

【対象評価点】

4、4.5点

【抽出価格条件】

直近価格が500千円以上

【抽出台数条件】

毎月50台以上の流通が過去6ヶ月連続していること