2017年新車販売台数で過去最高記録を更新 - グーネット自動車流通

2018年(平成30年)9月26日 [水曜日] 赤口 |  サイトマップ サイトマップ

2017年新車販売台数で過去最高記録を更新

企業・団体 2018年01月14日
年間新車販売記録を5年連続で更新
会社名:メルセデス・ベンツ日本

 メルセデス・ベンツ日本株式会社(東京都品川区・上野金太郎社長:以下、MBJ)は1月11日、メルセデス・ベンツの2017年新車販売台数が、前年比1.2%増の6万8,215台(2016年:6万7,378台)となったと発表した。 

 これによりメルセデス・ベンツは、2013年より5年連続で年間販売台数過去最高記録を更新し、国内で販売されている純輸入車として3年連続で首位を、5年連続でプレミアムブランド No.1を獲得した。また、メルセデス・ベンツの最新テクノロジーを惜しみなく投入したシティコンパクト「スマート」は、2年連続で過去最高となる4,638台(2016年:4,508台)を記録した。

 MBJは2017年、ユーザーの多様なライフスタイルに応えるべく、年初より続々と新型モデルを導入。フルイヤーを迎えた中核モデル「Eクラス」をはじめ、8月に発表した旗艦モデル「Sクラス」、SUVモデルの販売が特に好調だった。さらに、主力モデル「Cクラス」、コンパクトモデルが堅調に台数を伸ばし、年間販売記録の更新に大きく貢献した。MBJの商品構成は、32車種166モデルまで拡がっている。

 また、ダイムラーの中長期戦略「CASE」の柱の1つとして、デジタルカーライフを提供する先進的なテレマティクスサービス「Mercedes me connect」の導入や、オンラインでの車両販売「Mercedes-Benz Online Store」の開始、世界初のAMG専売店「AMG 東京世田谷」、日本初のsmart専売店「smart center 京都, the garden」の開設など、様々なブランド体験を通して、ユーザーが期待以上の満足感を得られる為の新しい取り組みに注力した。

 上野金太郎社長は「MBJは2017年、商品力強化はもちろん、お客様の心の高まりや満足を創り出すための多くのチャレンジをし、強いご支持を頂戴することが出来ました。2018年も引き続き、先進性のある魅力的な商品の展開と、最高のブランド体験“Best Customer Experience”の提供を通じて、メルセデス・ベンツおよびスマートの魅力を余すところなくお伝えし、全国の正規販売店と一丸となって、皆様に選ばれ、最も愛されるブランドを目指して更に邁進してまいります」と述べている。

[PR]トレンドウォッチ

オークション一覧へ


整備一覧へ


板金一覧へ


店舗情報一覧へ


ひと一覧へ


コラム一覧へ


相場統計一覧へ


新製品一覧へ


FC加盟募集 アップル

荒井商事

東西海運

MOTORGATE

オークション会場情報へ

繁盛店レポート

バナー広告募集中

企業・団体関連の過去記事を検索する

日  ~  

急騰・急落ランキング

急騰車種TOP5

  • ホンダ オデッセイ / RB3,4 前月比:122% 平均落札:677千円
  • トヨタ プリウスPHV / 30系 前月比:114% 平均落札:1,049千円
  • 日産 ノート / E12系 前月比:112% 平均落札:646千円
  • ホンダ フリードスパイク / GB3,4 前月比:112% 平均落札:732千円
  • トヨタ ハイラックスサーフ / 210系 前月比:112% 平均落札:1,004千円

ホンダ オデッセイ / RB3,4
ホンダ オデッセイ / RB3,4

急落車種TOP5

  • スバル エクシーガ / YA系 前月比:77% 平均落札:517千円
  • スズキ ソリオ / MA05系 前月比:92% 平均落札:509千円
  • マツダ アテンザセダン / GJ系 前月比:92% 平均落札:1,243千円
  • スズキ ワゴンR / MH35,55系 前月比:92% 平均落札:885千円
  • マツダ プレマシー / CW系 前月比:93% 平均落札:548千円

スバル エクシーガ / YA系
スバル エクシーガ / YA系