グーネット自動車流通

メニュー

ジョイカルジャパン

年始から95%超えの成約率を連続して記録

  • ベテランコンダクターとサブコンダクターの活気溢れる掛け声が魅力 ベテランコンダクターとサブコンダクターの活気溢れる掛け声が魅力
  • 手ゼリと外部応札を融合 手ゼリと外部応札を融合
  • セリ開始前にはセレモニーを開催し会員への感謝の気持ちを表した セリ開始前にはセレモニーを開催し会員への感謝の気持ちを表した

12月成約率も90.2%の高水準

 日産大阪オートオークション(大阪市此花区、真坂忠司社長、NOAA)の成約実績が高水準で推移している。1月6日に開催した「新春記念AA」の成約率が95.4%という驚異的数字となったほか、翌週13日のAAでも95.0%を記録、タマ不足の影響もあるが、国内最大級の日産ディーラー、日産大阪(大阪市西区、白土貴久社長)直営のAA会場として、存在感が高まっている。

 同会場では新年スタートの2開催で95%超の成約率を記録したほか、20日開催のAAでも89.7%の高成約率で好調を持続している。昨秋の消費増税以降、特に12月に入って慢性的なタマ不足に陥るAA業界において、同会場でも大幅に出品台数を落としているものの、バイヤーの活発な応札で、毎週出品車が入れ替わる状況にある。

 2019年12月の4開催においても平均成約率が90.2%に上るなど、毎週10台中9台以上が売れている状況だ。

 同会場では、臨場感溢れる手ゼリオークションをベースに、ハイブリッド方式により外部からのリアル応札も入る。自社アプリの「NOAA-WEB」のほか、オートサーバー社「AS-NET(エーエス・ネット)からの強い応札が入る。

関連記事

企業・団体

店舗情報

ひと

コラム

相場・統計

新製品

新車ランキング

中古車ランキング

年頭所感

整備

板金