グーネット自動車流通

メニュー

ジョイカルジャパン

今期最高成約単価を記録、成約率も今期2番目の高水準

  • セリ開始前のセレモニーで挨拶する真坂社長(写真右) セリ開始前のセレモニーで挨拶する真坂社長(写真右)
  • EV「リーフ」の出品も多く、日産ディーラー直営ならではの品揃え EV「リーフ」の出品も多く、日産ディーラー直営ならではの品揃え

日産大阪発足12周年記念AA開催

 日産大阪オートオークション(大阪市此花区、真坂忠司社長、NOAA)は8月8日、「日産大阪発足12周年記念AA」を開催した。折からのタマ不足の影響から出品台数は244台に止まったものの、235台を成約し、成約率は今年度2番目に高い96.3%を記録、成約単価は今年度最高の28万9000円に上った。

 セリ開始前のセレモニーで真坂社長は「タマ不足の中ではありますが、電気自動車(EV)『リーフ』なども多数出品されています。最後まで活発なコールをお願いします。お盆休み明けも皆様に良質車をお届けできるよう、集荷に努めてまいります」と挨拶を述べた。

 同記念AAは、親会社である日産大阪販売(大阪市西区、白土貴久社長)の発足12周年を記念したもの。同社は大阪府と兵庫県に販売エリアがまたがり、従業員数2300人規模の国内有数のメガディーラー。2010年8月に発足した。

関連記事

企業・団体

店舗情報

ひと

コラム

相場・統計

新製品

新車ランキング

中古車ランキング

年頭所感

整備

板金