新会場オープン5周年記念は今期最多成約台数 - グーネット自動車流通

2020年11月27日 [金曜日] 仏滅 |  西暦元号早見表 西暦元号早見表  |  サイトマップ サイトマップ

新会場オープン5周年記念は今期最多成約台数

オークション 2020年10月29日
ヤナセコーナーには出品200台近く集まる
会社名:ZIP大阪
松本社長が会員への感謝の気持ちを述べた

松本社長が会員への感謝の気持ちを述べた

複数画像有

拡大拡大する

 ZIP大阪(神戸市中央区、松本伸社長)は10月22日、「新会場オープン5周年記念オートオークション(AA)&第114回ヤナセコーナー」を開催した。出品台数679台を集めて盛大に開催、成約率は75.6%の高率だった。成約台数513台は今年度最多で、5周年記念に花を添えた。

 セリ開始前には松本社長が挨拶に立ち「業界の皆様に、輸入車AAと言えば『ZIP』と言っていただけるよう、これからも社員一同で努力してまいります」と話した。

 松本社長は自動車流通新聞の取材に対し「5年前は成長戦略の中での移転、新会場でのAAスタートだったが、そこから順調に出品台数を伸ばすことができた。直近の出品店件数はほぼ横ばいという状況だが、今後も引き続き、ディーラー出品に特化した営業戦略で体制を強化し、会員の皆様に良質な輸入車を供給していきたい」と意気込む。
 ディーラー出品を強化する狙いには「ヤナセ拠点からの直送など、ディーラーで定期的なサービスを受けた良質車を多く集荷することで『華』のあるオークションを目指したい。今回のヤナセコーナーにも200台近い出品車が集まったが、特徴を生かしたAA運営で存在感を示していきたい」とする。

 新会場効果もあり、近年は出品、成約とも順調に推移する大阪会場。USS神戸会場内という恵まれた環境を生かして、更なる成長戦略を描く。一方で東京会場(東京都江戸川区、JAA会場内)においても「積極的な若手の人材採用など、設備と人員の増強にも注力していきたい」(松本社長)という。

 神川薫会長は「西宮市鳴尾浜から神戸への移転で、この5年間は大きく成長することができた。恵まれた環境でAAを開催できることは大変ありがたいこと。前会場では臨時ヤードを何とか確保しながら、出品台数400台が限界という状況だったが、USS神戸会場の協力で、全天候型のストックヤードなど、会員利便は飛躍的に向上した」とこの5年前を振り返りながら、確かな手応えをつかむ。

ZIP大阪 関連記事を読む
[PR]トレンドウォッチ

企業・団体一覧へ


整備一覧へ


板金一覧へ


店舗情報一覧へ


ひと一覧へ


コラム一覧へ


相場統計一覧へ


新製品一覧へ


新車ランキング一覧へ


中古車ランキング一覧へ


FC加盟募集 アップル

荒井商事

ASNET

週間オークション情報

Loca Loca

オークション会場情報へ

繁盛店レポート

バナー広告募集中

グーネット自動車流通へのご意見・ご要望

オークション関連の過去記事を検索する

日  ~  

【対象評価点】

4、4.5点

【抽出価格条件】

直近価格が500千円以上

【抽出台数条件】

毎月50台以上の流通が過去6ヶ月連続していること