2020年秋季大会をオンラインで 開催 - グーネット自動車流通

2020年11月27日 [金曜日] 仏滅 |  西暦元号早見表 西暦元号早見表  |  サイトマップ サイトマップ

2020年秋季大会をオンラインで 開催

企業・団体 2020年10月29日
大会3日で合計5765名が参加
会社名:自動車技術会
特別座談会のテーマは「どうなる !?with CORONA社会のモビリティ技術」

特別座談会のテーマは「どうなる !?with CORONA社会のモビリティ技術」

複数画像有

拡大拡大する

 自動車技術会(東京都千代田区、寺師茂樹会長)は、2020年秋季大会をオンラインで10月21日~23日の3日間にわたり開催した。自動車技術者・研究者が最新の研究成果を発表する「学術講演会」は、2019年が316講演だったが、オンライン化にした事により講演数が増加し341講演の発表があった。参加者数は学術講演会3408名、無料イベント(特別座談会、Technical Review、学生ポスターセッション)2357名の合計で5765名となった。


 大会期間中Lに録画配信された特別座談会では「どうなる !?with CORONA社会のモビリティ技術」と題して、新型コロナウィルスの影響で働き方や暮らし方が変わり、社会全体が大きく変わろうとしている中、自動車(モビリティ)の新しい価値は何かについて、OEM3社のトップマネージメントメンバー(寺師茂樹氏(自動車技術会会長 /トヨタ自動車)、坂本秀行氏(自動車技術会前会 / 日産自動車)、三部敏宏氏(本田技術研究所)が語った。

 大会2日目のTechnical Reviewでは、国立研究開発法人産業技術総合研究所の工藤 祐揮様を講師として招き、自動車をライフサイクルアセスメント(LCA)の観点から検討する際に留意すべき点を分析事例に基づいてオンラインのLIVE配信で紹介した。

 大会3日目の学生ポスターセッションでは、高等専門学校生、大学生、大学院生20名から日頃の研究成果の発表があった。最も優れた発表には優秀賞を授与。結果は後日、本会サイト上で発表される。その後、学生とスポンサー企業との交流会をオンラインで実施し活発な意見交換により技術交流を深めた。


[PR]トレンドウォッチ

オークション一覧へ


整備一覧へ


板金一覧へ


店舗情報一覧へ


ひと一覧へ


コラム一覧へ


相場統計一覧へ


新製品一覧へ


新車ランキング一覧へ


中古車ランキング一覧へ


FC加盟募集 アップル

荒井商事

ASNET

週間オークション情報

Loca Loca

オークション会場情報へ

繁盛店レポート

バナー広告募集中

グーネット自動車流通へのご意見・ご要望

企業・団体関連の過去記事を検索する

日  ~  

【対象評価点】

4、4.5点

【抽出価格条件】

直近価格が500千円以上

【抽出台数条件】

毎月50台以上の流通が過去6ヶ月連続していること