出品車両を対象にしたカメラアプリ提供開始 - グーネット自動車流通

2019年11月22日 [金曜日] 大安 |  西暦元号早見表 西暦元号早見表  |  サイトマップ サイトマップ

出品車両を対象にしたカメラアプリ提供開始

企業・団体 2019年10月10日
ベストアングル撮影でCtoCをより簡単に
会社名:Ancar
車両撮影画面

車両撮影画面

複数画像有

拡大拡大する

 Ancar(東京都品川区、城一紘社長)は10月9日、同社が運営する個人間売買マーケットプレイス「Ancar」への出品車を対象にしたカメラアプリを提供開始した。車の外観・内装の写真を簡単にスマートフォンで撮影できる。

 個人間売買で車を出品する際に、時間と手間がかかるのが写真撮影と掲載。外観・内装・書類など車の状態を伝えるには最低でも20~30枚、多い場合は約50枚程の写真が必要となる。出品者はアングルを変えて何枚も撮影し、掲載時にはナンバープレートを隠し、見やすいように写真を並べかえるなど加工作業も行う。

 そのため、写真撮影・掲載で出品を断念してしまうユーザーも少なくない。また、買い手にとって写真は非常に重要な情報源となり、写真の良し悪しが購買意欲に直結するため、ネット上で取引を行う「Ancar」では、売れるかどうかは、写真にかかっている。

 本カメラアプリでは、スマートフォンでサポート手順に沿って車を撮影するだけで、出品時に必要なアングルの写真を簡単に撮影する事ができる。アプリ上でナンバープレートを隠すこともできるので、加工にかける時間と手間を短縮でき、そのままデータを送れば、Ancarの出品車両へ反映される。

 また、カメラアプリ指定のアングルで撮影した写真は同社でのクルマの査定にも活用でき、これによって現車確認をする必要が無く、全国のユーザーからの査定依頼により正確に応えることが可能となる。

 今後は、Android端末への対応と動画機能を追加し、提携工場や中古車販売店でも活用できるアプリとしての開発を予定している。

[PR]トレンドウォッチ

オークション一覧へ


整備一覧へ


板金一覧へ


店舗情報一覧へ


ひと一覧へ


コラム一覧へ


相場統計一覧へ


新製品一覧へ


新車ランキング一覧へ


中古車ランキング一覧へ


FC加盟募集 アップル

荒井商事

ASNET

週間オークション情報

Loca Loca

MOTORGATE

オークション会場情報へ

繁盛店レポート

バナー広告募集中

グーネット自動車流通へのご意見・ご要望

企業・団体関連の過去記事を検索する

日  ~  

【対象評価点】

4、4.5点

【抽出価格条件】

直近価格が500千円以上

【抽出台数条件】

毎月50台以上の流通が過去6ヶ月連続していること