「ミライブ大阪」グランドオープン - グーネット自動車流通

2019年11月22日 [金曜日] 大安 |  西暦元号早見表 西暦元号早見表  |  サイトマップ サイトマップ

「ミライブ大阪」グランドオープン

オークション 2019年10月10日
来年6月には東名大の3会場体制に
会社名:MIRIVE大阪
伊藤社長がグランドオープンのセレモニーで挨拶を述べた

伊藤社長がグランドオープンのセレモニーで挨拶を述べた

複数画像有

拡大拡大する

 MIRIVE大阪(大阪府松原市、伊藤文彦社長)は10月3日、「MIRIVE(ミライブ)大阪グランドオープン記念オートオークション(AA)」を盛大に開催した。中間期末直後の月初開催だったが、出品台数2206台を集め、このうち1613台を成約、73.1%の高成約率を記録する活発な記念AAを開催した。

 セリ開始前のセレモニーでは伊藤社長が挨拶に立ち「当会場は1985年7月13日、ハナテンオークションとして出品台数275台を集めて第1回AAをスタートしました。以来、35年間1700回もの開催回数を誇る老舗会場です。今回ご縁があり、この伝統ある会場と経営統合させていただくことになりました事、会員の皆様はもちろん、関係する多くの会社の皆様に心からお礼申し上げます。ミライブの経営理念は『創造的挑戦』です。これからも会員の皆様のご商売のお役に立てるよう、さまざまなことにチャレンジしてまいります。来年6月には「ミライブ愛知」が開業予定ですが、東名阪3会場となることで、より応札力の強い、『売れる』『買える』会場作りに邁進してまいります。ミライブの語源は『未来』と『ドライブ』です。これからも会員の皆様と共に、未来に向けてドライブを続ける所存です」と意気込みを話した。 挨拶の中で、高本理氏の会場長就任も報告した。

 同社は、埼玉に続いて大阪を加えた2会場に増加したことで「会員数も飛躍的にアップし応札力も強まった。今後は新規会員の獲得にも注力していきたい」(伊藤社長)とする。大阪会場については「埼玉会場のような明るく元気な会場を目指したい。サービス業の基本を徹底するほか、会場設備の改修等も積極的に検討していく。3500台規模の出品台数を安定的に確保出来るよう、出品店と落札店の双方に役立つよう、会員サービス強化を図りたい」とする。
 運営面では「長くお付き合いいただいている会員も多い」と大阪会場の特性を尊重しながら、2会場の検査基準のすり合わせやコーナー編成の共通化などを図る。「人」から「組織」への運営体制見直しを図り「ミライブ」として再スタートを切ることで、社員同士の交流強化などにも注力する。

MIRIVE 大阪 関連記事を読む
[PR]トレンドウォッチ

企業・団体一覧へ


整備一覧へ


板金一覧へ


店舗情報一覧へ


ひと一覧へ


コラム一覧へ


相場統計一覧へ


新製品一覧へ


新車ランキング一覧へ


中古車ランキング一覧へ


FC加盟募集 アップル

荒井商事

ASNET

週間オークション情報

Loca Loca

MOTORGATE

オークション会場情報へ

繁盛店レポート

バナー広告募集中

グーネット自動車流通へのご意見・ご要望

オークション関連の過去記事を検索する

日  ~  

【対象評価点】

4、4.5点

【抽出価格条件】

直近価格が500千円以上

【抽出台数条件】

毎月50台以上の流通が過去6ヶ月連続していること