「被災地復旧支援チーム」を発足 - グーネット自動車流通

2018年(平成30年)9月26日 [水曜日] 赤口 |  サイトマップ サイトマップ

「被災地復旧支援チーム」を発足

企業・団体 2018年07月12日
西日本を中心に発生する豪雨災害を受け
会社名:タウ
車両洗浄(イメージ)

車両洗浄(イメージ)

複数画像有

拡大拡大する

 ダメージカー(事故や災害等により損壊した車両)の買取・販売・輸出を行うタウ(埼玉県さいたま市・宮本明岳社長)は、西日本を中心とした記録的な大雨により被災した地域の復旧活動に貢献すべく、新たに「被災地復旧支援チーム」を発足した。

 西日本を中心とした記録的な大雨により、各地で土砂崩れや河川の氾濫が発生し、家屋や車両が水に浸かるなど、広い範囲で被害が出ている。このような大雨や土砂などにより被災した車両は、被災地のインフラの復旧を妨げる要因の一つにもなるため、一刻も早い引き上げが求められている。また、一般的に、室内が浸水しエンジンがからない状態の車は、修理に100万円以上の費用がかかるケースが多く、ディーラーなどでは下取り価格も付かないため、被災者には大きな経済負担となる。このような状況を受けタウは、新たに「被災地復旧支援チーム」を発足し、今回の災害において発生した被災車両の引き取り、保管、買い取りに迅速に対応する。

 また、被災地の復旧に役立てることを目的に、被災車両1台の買い取りにつき1000円を被災地の自治体に寄付する。

「被災地復旧支援チーム」は、営業本部長を統括に置き、買取担当者、物流担当者、当該エリアの支店長の4~5名で構成。発生から1週間以内に体制を整え、現地にて迅速対応に臨む。発生直後には、被災地の状況確認、情報収集を実施。発生から5日を目処に、被災車両を保管するための臨時モータープールを設置や、車両の引き上げ体制強化のため物流会社と連携を実施。発生から1週間で、現地へ支援チームを派遣する予定となっている。

 同社は、これらの取り組みを通じて被災地の早期復興に寄与できるよう取り組んでいく。

 タウはこれまでにも、関東・東北豪雨(2015年)、熊本豪雨(2016年)、九州北部豪雨(2017年)などにより被災した車両の買取りを、積極的に行ってきた。前述の3災害を含む過去3年間の買取実績は計4425台となっている。また、2017年に発生した台風・大雨水害における被災車両の平均買取金額は38万5000円/台となっており、被災者支援としての一翼を担っている。

[PR]トレンドウォッチ

オークション一覧へ


整備一覧へ


板金一覧へ


店舗情報一覧へ


ひと一覧へ


コラム一覧へ


相場統計一覧へ


新製品一覧へ


FC加盟募集 アップル

荒井商事

東西海運

MOTORGATE

オークション会場情報へ

繁盛店レポート

バナー広告募集中

企業・団体関連の過去記事を検索する

日  ~  

急騰・急落ランキング

急騰車種TOP5

  • ホンダ オデッセイ / RB3,4 前月比:122% 平均落札:677千円
  • トヨタ プリウスPHV / 30系 前月比:114% 平均落札:1,049千円
  • 日産 ノート / E12系 前月比:112% 平均落札:646千円
  • ホンダ フリードスパイク / GB3,4 前月比:112% 平均落札:732千円
  • トヨタ ハイラックスサーフ / 210系 前月比:112% 平均落札:1,004千円

ホンダ オデッセイ / RB3,4
ホンダ オデッセイ / RB3,4

急落車種TOP5

  • スバル エクシーガ / YA系 前月比:77% 平均落札:517千円
  • スズキ ソリオ / MA05系 前月比:92% 平均落札:509千円
  • マツダ アテンザセダン / GJ系 前月比:92% 平均落札:1,243千円
  • スズキ ワゴンR / MH35,55系 前月比:92% 平均落札:885千円
  • マツダ プレマシー / CW系 前月比:93% 平均落札:548千円

スバル エクシーガ / YA系
スバル エクシーガ / YA系