立体駐車場運用開始 利便性は大きく向上 - グーネット自動車流通

2024年3月5日 [火曜日] 先勝 |  西暦元号早見表 西暦元号早見表  |  サイトマップ サイトマップ

立体駐車場運用開始 利便性は大きく向上

オークション 2023年01月19日
今年度最高、初荷開催最高出品台数記録
会社名:USS東京
巨大立体駐車場で利便性向上

巨大立体駐車場で利便性向上

複数画像有

拡大拡大する

 USS東京(千葉県野田市、瀬田大社長)は、1月12日開催の「2023年Opening Fair Part1 初荷AA」から立体駐車場の運用を開始した。

 セリ会場のほぼ正面に位置する立体駐車場は2層3階建て、長さ約400m、幅は約50メートル、収容台数は2500台の規模を誇る。

 これまで来場者用駐車場は早朝から順次満車になることが多く、駐車場所によってはセリ会場に入場するまで時間を要するケースもあった。
 立体駐車場を利用した来場者数名に話を聞いたが、「便利になった」「駐車場がわかりやくなった」等の好意的な意見しか聞こえず、来場者の利便性は確実に向上したと言える。
 また、開催日以外の日は検査棟として運用する。これまでも屋根付きの検査棟は備えているが、USS東京の出品台数規模では屋根下での検査台数は限られていた。
 立体駐車場を検査棟として使用することでLED照明下での検査、また酷暑や風雨をしのぐことができ、検査環境も大きく改善される。三上正裕会場長は「検査環境の改善により、検査精度の向上を図れる」と話す。

 当日のセリは今年度かつ初荷開催最高の出品台数となる1万7569台を集め、成約は1万998台、成約率62.6%、平均成約単価133万1000円となり、新年のスタートを高実績で飾った。
また、同会場の22年暦年実績は出品69万9038台(1開催平均1万4563台)、成約47万3033台、成約率67.7%の高実績を残し、日本最大のオークション会場としての存在感を示した。

USS東京 関連記事を読む
[PR]トレンドウォッチ

企業・団体一覧へ


整備一覧へ


板金一覧へ


店舗情報一覧へ


ひと一覧へ


コラム一覧へ


相場統計一覧へ


新製品一覧へ


新車ランキング一覧へ


中古車ランキング一覧へ


FC加盟募集 アップル

荒井商事

ASNET

QuickXQuick

週間オークション情報

Loca Loca

オークション会場情報へ

成功事例集

バナー広告募集中

グーネット自動車流通へのご意見・ご要望

オークション関連の過去記事を検索する

日  ~  

【対象評価点】

4、4.5点

【抽出価格条件】

直近価格が500千円以上

【抽出台数条件】

毎月50台以上の流通が過去6ヶ月連続していること