グーネット自動車流通

メニュー

ジョイカルジャパン

第41回国際福祉機器展H.C.R.2014、開催

  • ダイハツ工業は「スマートアシスト」装着車も設定する、新型タントの車いす移動車および助手席電動リフト車を展示 ダイハツ工業は「スマートアシスト」装着車も設定する、新型タントの車いす移動車および助手席電動リフト…
  • マツダは新型デミオの助手席回転シート車を参考出品 マツダは新型デミオの助手席回転シート車を参考出品
  • スバルはレヴォーグの助手席電動リフト車を展示。アイサイトの視認体験も スバルはレヴォーグの助手席電動リフト車を展示。アイサイトの視認体験も

予防安全装備も充実した最新の福祉車両が勢揃い

 全国社会福祉協議会および保健福祉広報協会は10月1~3日の3日間、東京ビッグサイト(東京都江東区)で、「第41回国際福祉機器展H.C.R.2014」を開催した。

 今回は昨年と同数の585社が出展し、高齢者や障害者が快適に暮らすための福祉車両や移動機器、家具、衣類、食品、また介護者の負担を和らげる設備など、約2万点の福祉機器を展示。3日間総計で昨年より6,607人多い127,651人の高齢者や障害者、介護施設職員などが訪れた。

 国産車メーカーや架装業者、自動車部品メーカーは、最新モデルをベースにした回転・昇降シート車に車いす移動車、運転補助装置、セニアカー、車いすなどの移動機器を展示。そのなかでカーメーカーは、衝突被害軽減ブレーキなど予防安全装備の充実を、特に自ら運転する障害者のカーオーナーに強くアピールしていた。

オークション

企業・団体

店舗情報

ひと

コラム

相場・統計

新製品

新車ランキング

中古車ランキング

年頭所感

整備