グーネット自動車流通

メニュー

ジョイカルジャパン

JU佐賀、JU長崎から340台もの出品

  • JU佐賀の田中理事長が挨拶に立った JU佐賀の田中理事長が挨拶に立った
  • JU佐賀、JU長崎の理事長と流通委員長が登壇 JU佐賀、JU長崎の理事長と流通委員長が登壇
  • 左からJU佐賀の田中理事長と齊藤流通委員長 左からJU佐賀の田中理事長と齊藤流通委員長
  • 左からJU長崎の東理事長と得丸健一流通委員長 左からJU長崎の東理事長と得丸健一流通委員長
  • セリ開始前のセレモニー セリ開始前のセレモニー
  • JU福岡の執行部 JU福岡の執行部
  • セリ開始前には早朝抽選会を実施 セリ開始前には早朝抽選会を実施

ジョイント開催で3県JUが活発な流通事業

 JU福岡(古賀市、徳永正義理事長)は6月24日、「JU佐賀・JU長崎ジョイントオートオークション(AA)」を開催した。出品台数986台を集め、このうち624台を成約、63.3%という高成約率だった。JU佐賀(田中新二理事長)会員からは173台、JU長崎(東明彦理事長)会員からは167台の出品車が集まり、タマ不足の中でジョイントAAを盛り上げた。

 セリ開始前のセレモニーには佐賀、長崎の両商組を代表して理事長と流通委員長が登壇した。代表挨拶に立ったJU佐賀の田中理事長は「タマ不足の中ですが、佐賀と長崎を合わせて340台もの出品車を集めることができました。7月はJUクレジット『サマーキャンペーン』も展開されます。本日はたくさん落札いただき、キャンペーンの盛り上げにご活用ください」と話した。

 当日はJU佐賀が前回実績を約40台上回る出品車を集め、田中理事長、齊藤浩二流通委員長を中心とした親会と青年部会(大宅基太部会長)の強固な団結力を示した格好だ。一方のJU長崎も前回実績こそ下回ったものの、安定的な出品台数でジョイントAAを盛り上げている。

関連記事

企業・団体

店舗情報

ひと

コラム

相場・統計

新製品

新車ランキング

中古車ランキング

年頭所感

整備

板金