ヴィンテージコーナーに往年の名車が100台近く集結 - グーネット自動車流通

2020年9月20日 [日曜日] 大安 |  西暦元号早見表 西暦元号早見表  |  サイトマップ サイトマップ

ヴィンテージコーナーに往年の名車が100台近く集結

オークション 2020年09月10日
ワンオーナーコーナーなどにも多くの良質輸入車
会社名:ZIP大阪
往年の名車が100台近く集まった

往年の名車が100台近く集まった

複数画像有

拡大拡大する

 ZIP大阪(神戸市中央区、松本伸社長)は9月3日開催のオートオークション(AA)で「ヴィンテージコーナー」を特設した。当日の総出品台数は431台に上り、74.5%の高成約率だった。ヴィンテージコーナーには国産、輸入車メーカーによる往年の名車が97台揃った。

 当日は「ワンオーナーコーナー」や「一般コーナー」などにも多くの良質輸入車が出品され、新・旧問わず、魅力的な出品車が会場に集まり、多くの会員が来場した。

 現在の中古車市場においては、いわゆるプレミアム輸入車の需要が急騰し、慢性的なタマ不足に陥っている。コロナ禍が一因だが、新車の納期が長期化し高年式中古車にニーズが高まる一方で、底堅い中古車市場が盛り上がりを見せ、価格帯に関係なく、バイヤーの応札意欲が高まっている。

 こうした中で、同会場の成約率は8月20日開催「サマーフェスタ&第112回ヤナセコーナー」の成約率86.8%を頂点に、70%台後半から80%台の高成約率が続いている。

ZIP大阪 関連記事を読む
[PR]トレンドウォッチ

企業・団体一覧へ


整備一覧へ


板金一覧へ


店舗情報一覧へ


ひと一覧へ


コラム一覧へ


相場統計一覧へ


新製品一覧へ


新車ランキング一覧へ


中古車ランキング一覧へ


FC加盟募集 アップル

荒井商事

ASNET

週間オークション情報

Loca Loca

オークション会場情報へ

繁盛店レポート

バナー広告募集中

グーネット自動車流通へのご意見・ご要望

オークション関連の過去記事を検索する

日  ~  

【対象評価点】

4、4.5点

【抽出価格条件】

直近価格が500千円以上

【抽出台数条件】

毎月50台以上の流通が過去6ヶ月連続していること