【会場長インタビュー】JAA・ 池澤会場長に聞く - グーネット自動車流通

2020年9月20日 [日曜日] 大安 |  西暦元号早見表 西暦元号早見表  |  サイトマップ サイトマップ

【会場長インタビュー】JAA・ 池澤会場長に聞く

ひと 2020年09月01日
ハードとソフトの強みを活かし使い勝手の良い会場に
会社名:JAA
池澤会場長

池澤会場長

拡大拡大する

 6月よりJAAの会場長に着任した池澤弘視氏。これまで同氏は車両検査から業務と会場運営に広く深く携わってきた。USS東京会場では副部長職として窓口代表を、USS神戸会場では会場長を務め今回、JAA会場長として取り組む今後の運営について話を聞いた。

―JAAの特長は
 JAAの歴史のある会場。歴代の会場長が築き上げたものを継承しながら、如何に特色を出していくかがテーマ。現在の強みは、まずはハード面が挙げられる。現在のJAAは昨年5月に移転新築し、開場してからまだ1年あまり。ポス席をはじめ場内の各設備は最新のものを導入しており、セリをしやすいのはもちろん、使いやすく居心地の良い場内空間になっている。最新会場の良さを知ってもらう意味でも会員様に、まずは足を運んでいただきたい。ソフト面で言えば、会員様の一人ひとりにきめ細かいサービスを提供していきたい。現にJAAのスタッフは一つひとつの業務をしっかりできており、きめ細かい仕事ができる点が強み。

―どんな会場にしていきたい
 今後は組織を横断して、業務の共有を図っていきたい。業務を共有することでスタッフの知識は高まり、広がりへと繋がる。高まり広がった知識があれば、業務の関連性をより理解でき、深めることもできる。結果、会員様により良いサービスを提供できると考えている。また、来場駐車場も会場の隣に併設できた。運用を含め、使い勝手の良い会場にしたい。

―今後の取り組みは
 来場促進の為に、イベント開催を積極的に進めていきたい。「JAAに行けば何かある」と思っていただけることは、会員様の楽しみにもなる。商いの場としてセリの充実が最重要だが、楽しみにしていただける要素も大切にしたい。その為にはスタッフの協力が必要。スタッフに声掛けし、一緒に盛り上げていき、今までと違うJAAを作っていきたい。JAAに着任前は半年強だがUSS神戸で会場長を務めた。USS神戸を改めて振り返るとJAAと環境が似ている。USS神戸では成功事例を垣間見てきた。神戸会場の良い点を取り入れながら、JAAを活気づけたい。

【プロフィール】
池澤弘視(いけざわ・ひろし)
昭和42年9月生
平成9年ユー・エス・エス入社。東京会場、USS-R東京、東京会場、神戸会場に赴任。
好きな言葉は「一生懸命」。綱引きを例に挙げ、一人が力を抜いても勝てるではなく、一人ひとりが本気で臨む

JAA 関連記事を読む
[PR]トレンドウォッチ

オークション一覧へ


企業・団体一覧へ


整備一覧へ


板金一覧へ


店舗情報一覧へ


コラム一覧へ


相場統計一覧へ


新製品一覧へ


新車ランキング一覧へ


中古車ランキング一覧へ


FC加盟募集 アップル

荒井商事

ASNET

週間オークション情報

Loca Loca

オークション会場情報へ

繁盛店レポート

バナー広告募集中

グーネット自動車流通へのご意見・ご要望

ひと関連の過去記事を検索する

日  ~  

【対象評価点】

4、4.5点

【抽出価格条件】

直近価格が500千円以上

【抽出台数条件】

毎月50台以上の流通が過去6ヶ月連続していること