中部会場初「日野コーナー」は76.7%の高成約率 - グーネット自動車流通

2020年2月19日 [水曜日] 友引 |  西暦元号早見表 西暦元号早見表  |  サイトマップ サイトマップ

中部会場初「日野コーナー」は76.7%の高成約率

オークション 2020年01月20日
TAA史上歴代3位の60台を集荷
会社名:TAA中部
左より矢谷直樹執行役員(TAA)、白井中古車部長(愛知日野自動車)、浦田会場長(TAA)

左より矢谷直樹執行役員(TAA)、白井中古車部長(愛知日野自動車)、浦田会場長(TAA)

複数画像有

拡大拡大する

 TAA中部(三重県川越町、北口武志社長)は1月16日より「日野コーナー」を開始、当日はTAA史上歴代3位となる60台を集荷、成約46台、成約率76.7%を記録、バイヤーからの活況な応札で、高成約率のスタートを切った。

 同コーナーは全国のTAA会場で順次展開をしており、16日の中部会場、25日の横浜会場、兵庫会場のスタートで、全会場開催となる。ダイハツコーナーやマツダコーナー同様にメーカーの枠を超えた取り組みは、年々バイヤーからの注目度も高くなってきている。

 今開催では会場近隣県の日野販売店8社から出品、目標50台を大きく上回った。取材の場で、今回、販売店の中心として開催をとりまとめた、愛知日野自動車の白井利昌中古車部長は「良質な車両を揃えたコーナーとして自分たちで育てていき定着させていく。落札店の声を聞きながら、しっかりと売れる環境を会場と販売店でつくっていきたい」と述べるとともに、「トラックのフレーム構造は年々変化してきており、修復歴の判定も難しくなっている。今後、検査の重要性がより高まる中で、評価基準そのものを見直し日野独自のスタンダードをつくっていきたい」と述べた。

 また、浦田利光会場長は「普通車中心の会場において、日野コーナーの導入は会員様の活用に幅が広がる。次回は3月、5月、10月の開催を予定しているが、販売店と力をあわせ、改善を行なっていきながら、年間300台規模の出品を目指していきたい」と今後の展望を語った。

TAA中部 関連記事を読む
[PR]トレンドウォッチ

企業・団体一覧へ


整備一覧へ


板金一覧へ


店舗情報一覧へ


ひと一覧へ


コラム一覧へ


相場統計一覧へ


新製品一覧へ


新車ランキング一覧へ


中古車ランキング一覧へ


FC加盟募集 アップル

荒井商事

ASNET

週間オークション情報

Loca Loca

MOTORGATE

オークション会場情報へ

繁盛店レポート

バナー広告募集中

グーネット自動車流通へのご意見・ご要望

オークション関連の過去記事を検索する

日  ~  

【対象評価点】

4、4.5点

【抽出価格条件】

直近価格が500千円以上

【抽出台数条件】

毎月50台以上の流通が過去6ヶ月連続していること