ユーマックス創立・神戸開設記念開催 - グーネット自動車流通

2021年1月21日 [木曜日] 友引 |  西暦元号早見表 西暦元号早見表  |  サイトマップ サイトマップ

ユーマックス創立・神戸開設記念開催

オークション 2018年11月16日
900台もの新規ダマが集まり高成約率のセリ
会社名:IMA神戸
創立記念品としてオリジナルサーモラウンドタンブラーをプレゼントした

創立記念品としてオリジナルサーモラウンドタンブラーをプレゼントした

複数画像有

拡大拡大する

 IMA神戸(神戸市灘区・羽田祐彦社長)は11月9日、「ユーマックス創立・神戸開設記念モーターオークション(MA)」を開催した。出品台数は1315台に上り、このうち789台を成約し60.0%の高成約率を記録した。

 セリ開始前のセレモニーでは、徳永俊一会長が挨拶に立ち「1999年9月にいすゞユーマックスとして設立、11月から営業を開始した。神戸会場は前身のいすゞ中販から32年の歴史を有する。2017年1月に新会場をオープン、同8月には九州新会場を開設、28年間同じ場所で開催してきた幕張会場も来年、千葉県印西市に東京会場として新しい設備にリニューアルする。今後も会員の皆様から尚一層の信頼を得たい。『新しい時代』は中古車流通も変わってくる。メーカー系のオークション会場として、お客様ニーズを捉えた働きを果たし、皆様の助言やアドバイスなどを吸収しながら、活発なオークションを開催していきたい」と話した。

 当日は中古トラックの流通量が減少する中で、900台もの新規出品車を集めて活発なセリを展開した。成約率は上昇基調に入っている。「保有台数自体は決して増加していないが、物流頻度は増加している。今後は新車代替も増加し、中古車のパイは増えるのではないか」(徳永会長)とする中で「落札車両の6割程度が海外への輸出が占めていると見られる。大型車の平均使用年数は約12年程度だが、今後流通する中古車の主流となる最新のコモンレール技術などはアフリカなどの新興国に輸出された際に、現場での対応が難しいという現実もある」(徳永会長)という懸念材料も存在する。

IMA神戸 関連記事を読む
[PR]トレンドウォッチ

企業・団体一覧へ


整備一覧へ


板金一覧へ


店舗情報一覧へ


ひと一覧へ


コラム一覧へ


相場統計一覧へ


新製品一覧へ


新車ランキング一覧へ


中古車ランキング一覧へ


FC加盟募集 アップル

荒井商事

ASNET

週間オークション情報

Loca Loca

オークション会場情報へ

繁盛店レポート

バナー広告募集中

グーネット自動車流通へのご意見・ご要望

オークション関連の過去記事を検索する

日  ~  

【対象評価点】

4、4.5点

【抽出価格条件】

直近価格が500千円以上

【抽出台数条件】

毎月50台以上の流通が過去6ヶ月連続していること