【連載企画】中古車販売店「経営実務」のウソ?ホント? - グーネット自動車流通

2024年5月18日 [土曜日] 友引 |  西暦元号早見表 西暦元号早見表  |  サイトマップ サイトマップ

【連載企画】中古車販売店「経営実務」のウソ?ホント?

コラム 2018年08月10日
税務調査は秋に多いってウソ?ホント?
会社名:自動車業界特化型税理士 酒井将人
著書の『いまさら人に聞けない「中古車販売業」の経営・会計・税務Q&A(セルバ出版)』

著書の『いまさら人に聞けない「中古車販売業」の経営・会計・税務Q&A(セルバ出版)』

複数画像有

拡大拡大する

 自動車販売店の経営者や実務担当者が抱く経営・経理・税金に関する様々な疑問について、自動車業界専門の税理士が解説します。

【税務調査ってなに?】
国税局や税務署が、納税者の申告内容に誤りがないか帳簿書類などをチェックして、誤りがあれば是正を求める一連の調査のことを「税務調査」といいます。通常行われる税務調査は、納税者の同意のもとで行われるもので「任意調査」と呼ばれています。

【税務調査が多い時期は?】
一般的にはあまり知られていませんが、1年の中で最も税務調査が行われやすい時期は、毎年8月下旬から11月頃とされています。これは税務署の年間スケジュールによるもので、税務署もたくさんの業務を行っていますので、忙しい時期は税務調査どころでは無いのが実情なのです。具体的には、確定申告時期(毎年2月16日から3月15日)というのは、皆様ご想像のとおり、税務署は大忙しで、さらに日本の企業の多くが3月を決算期に設定している関係から、3月から6月頃までというのも、確定申告の残務処理と企業の決算処理に追われていて税務調査どころではありません。そうこうしているうちに、税務署内における「年度替わり(6月末)」となり、人事異動などが行われて、7月から税務署の新年度がスタートします。新年度がスタートして暫くの間は、一般企業と同様に税務署内もバタバタしてしまい、気付けばお盆休みに突入です…。こうして、業務も落ちついていて、新年度の体制にも少し慣れてきた秋口(8月下旬から11月頃)に入ると、ようやく税務調査に着手することが出来るという訳です。ちなみに、秋口ほどではありませんが、 1月から確定申告の始まる2月中旬までの期間というのも、税務署調査が行われやすい期間であると言えます。

【転ばぬ先の杖】
映画やTVドラマの影響からなのか、「税務調査」に対する世間のイメージというのは、決して良いものではありません。しかし、ダンボール箱を持った調査職員が何人も押し掛けてくるのは、TVの中のお話で、通常行われる税務調査は、日頃からきっちり帳簿書類と証憑類を整備しておけば、決して恐れる類のものではありません。

【筆者紹介】
税理士 酒井将人。自動車業界特化型税理士事務所OFFICE M.N GARAGE代表。自動車販売店などの経営サポートや業務改善に注力する傍ら、自動車業界活性化のための活動行う。著書に『いまさら人に聞けない「中古車販売業」の経営・会計・税務Q&A(セルバ出版)』など。

[PR]トレンドウォッチ

オークション一覧へ


企業・団体一覧へ


整備一覧へ


板金一覧へ


店舗情報一覧へ


ひと一覧へ


相場統計一覧へ


新製品一覧へ


新車ランキング一覧へ


中古車ランキング一覧へ


FC加盟募集 アップル

荒井商事

ASNET

QuickXQuick

週間オークション情報

オークション会場情報へ

成功事例集

バナー広告募集中

グーネット自動車流通へのご意見・ご要望

コラム関連の過去記事を検索する

日  ~  

【対象評価点】

4、4.5点

【抽出価格条件】

直近価格が500千円以上

【抽出台数条件】

毎月50台以上の流通が過去6ヶ月連続していること