【JUテントリ活用店レポート】オートトレーディング・クルー(熊本市東区) 「ジムニー」に特化、…

2018年(平成30年)8月21日 [火曜日] 大安 |  サイトマップ サイトマップ

【JUテントリ活用店レポート】オートトレーディング・クルー(熊本市東区) 「ジムニー」に特化、小売り・業販で全国から強い引き合い

店舗情報 2018年08月10日
徹底した在庫管理、自社買取り車中心の店舗在庫を小売りと業販の両輪で
会社名:オートトレーディング・クルー
ジムニーに特化し豊富なノウハウがユーザーを惹きつける

ジムニーに特化し豊富なノウハウがユーザーを惹きつける

複数画像有

拡大拡大する

 熊本市東区でスズキ「ジムニー」に特化した新車・中古車販売、車検・整備などを行うオートトレーディング・クルー(増田紀夫社長)。増田社長自身、JU熊本の小売振興委員長として、流通委員会との共管事業である「JUテントリ」事業に注力する。取り扱う商品の特性上、小売り、JUテントリを通じた業販とも全国からの強い引き合いが自社在庫の回転率を高め、常にフレッシュな展示車両が並ぶ。ジムニー好きが集まるプロショップとしてサービス工場には常にユーザーから預かった入庫車両が入り、活気溢れる雰囲気が新たなユーザーを創造する好循環を生んでいる。    (室田一茂)

■JUテントリ導入から約2年、全国から引き合い

 JUテントリ導入から約2年、グーネットからJUテントリへの車両データ連動などをうまく活用し、少ない工数で着実に自社在庫を掲載する。画像データの転送を行うほか、オートオークション(AA)データの引用などをうまく活用し、現在では在庫車両のほぼ全てをJUテントリに掲載する。「簡単に登録できるほか、JUテントリは業界最安値帯の手数料体系が魅力、小売りと業販の併用により、在庫回転率も上昇している」(増田社長)という。

■特定車種に特化、希少車両と通常車両ですみ分け

 スズキ「ジムニー」に特化、車販においても車検・整備においてもコアな「ジムニーファン」が顧客の中心となる。自社で培ったジムニーに対するさまざまなノウハウがユーザーからの安心と信頼を勝ち取っている。中古車販売においては、品薄なジムニーに特化しながらも、その他軽乗用車なども在庫し、幅広いニーズに応える。とりわけジムニーの販売においては、入手困難な希少車両も多く扱う。在庫回転率を向上させるため、こうした希少車両の販売を大事に行いながら、通常車両については、JUテントリ掲載時の業販価格を割安に設定するなどの値付けの工夫も行い、全体での在庫回転率向上を意識する。

■自社の強みはユーザー仕入れによる在庫車両確保
 「ジムニーファン」が集まる同社には、多数の下取り、買取り車が集まる。自社整備工場での整備や改造、提携工場を利用した鈑金塗装などを活かして車両を商品化する。年間を通じて、こうしたユーザーからの買取り車が入庫することから、通常時はAAや業販での仕入れはほとんど行っていないという。入庫車両を1台1台吟味しながら、小売りを中心に販売しているが、JUテントリ導入後は小売りと業販のバランス化に成功している。

■新型「ジムニー」に期待、新車・中古車とも活性化
 7月5日に発売された新型ジムニーは実に20年ぶりのフルモデルチェンジ。ジムニー専門のプロショップとしては、新商品への期待と併せて、既存モデルの中古車流通活性化にも期待感を持つ。「ニューモデルは昔からのジムニーファンも満足するような完成度の非常に高いクルマ。専門性がさらに高まることで、プロショップとしての存在価値も高まる。新車・中古車ともに流通活性化が期待できる。こうした中で、ユーザーに選ばれるための信頼と信用を高めていきたい」(増田社長)と話す。

■JU適正販売店制度を活用、さらなる信頼獲得へ
 大手資本の全国展開などで地域におけるプレーヤーは変化するが「市場全体のボリュームは変わらない。これまで以上にシビアな在庫管理が必要不可欠」(増田社長)と考える。一方でユーザーからの信頼獲得のため、JU中販連が推進する「JU適正販売店制度」に積極的に参画し、自社の信頼性向上につなげる。こうした自社の信頼構築はJUテントリにおいても、落札店側が安心して車両を購入できるというメリットも。全国組織のJUだからこそ出来るJUテントリ、JU適正販売店といった諸制度をうまく活用する。

■店舗の活性化は展示場の在庫回転率向上に尽きる
 市場全体のボリュームが変わらない状況下で、小売りと業販をうまく併用しながら、在庫回転率を上げていくことがキーポイント。JUテントリによる業販で生まれる回転率上昇は新たなユーザーを呼び込み、小売りにも大きな成果をもたらす。「常に在庫期間には注意している。得意とするジムニーだけでなく、他車種も積極的にJUテントリに掲載することで、店舗全体の在庫回転率を高め、新たな仕入れの原資に充てている」(増田社長)とする。小売りではユーザーとのしっかりとした対面販売を心がける一方で、効果的な業販が自社のキャッシュフローを活性化させる。小売り販売だけに固執するのではなく、業販を併用した柔軟な販売手法で販売店経営を健全化させる手段として「投資ゼロ」のJUテントリは効果的だ。

【店舗情報】
社名=オートトレーディング・クルー
所在地=熊本市東区画図町重富1007-1
電話=096-334-9100
代表者=増田紀夫社長
創業=2001年11月

[PR]トレンドウォッチ

オークション一覧へ


企業・団体一覧へ


整備一覧へ


板金一覧へ


ひと一覧へ


コラム一覧へ


新製品一覧へ


FC加盟募集 アップル

荒井商事

東西海運

MOTORGATE

オークション会場情報へ

CAR SHOP REPORT

バナー広告募集中

店舗情報関連の過去記事を検索する

日  ~  

急騰・急落ランキング

急騰車種TOP5

  • スバル エクシーガ / YA系 前月比:116% 平均落札:629千円
  • ホンダ CR-V / RE3, 4 前月比:113% 平均落札:589千円
  • 日産 フェアレディZ / Z33系 前月比:112% 平均落札:540千円
  • 三菱 パジェロ / 80, 90系 前月比:111% 平均落札:1,514千円
  • スバル インプレッサXV / GP系 前月比:109% 平均落札:1,517千円

スバル エクシーガ / YA系
スバル エクシーガ / YA系

急落車種TOP5

  • マツダ ビアンテ / CC系 前月比:87% 平均落札:571千円
  • ホンダ オデッセイ / RB3, 4系 前月比:88% 平均落札:619千円
  • トヨタ ランドクルーザー100 / 100系 前月比:89% 平均落札:1,323千円
  • トヨタ プレミオ / 260系 前月比:91% 平均落札:947千円
  • トヨタ ノア / 70系 前月比:92% 平均落札:694千円

マツダ ビアンテ / CC系
マツダ ビアンテ / CC系