株式化13周年大記念は72.2%の新規出品比率 - グーネット自動車流通

2018年(平成30年)9月27日 [木曜日] 先勝 |  サイトマップ サイトマップ

株式化13周年大記念は72.2%の新規出品比率

オークション 2018年04月20日
出品台数2850台、良質小売りダマを供給
会社名:ベイオーク
京都宮川町から舞妓さんが来場した

京都宮川町から舞妓さんが来場した

複数画像有

拡大拡大する

 ベイオーク(大阪市住之江区・塩原淳平社長)は4月18日、「株式化13周年大記念オートオークション(AA)」を開催した。出品台数は2850台に上り、成約率は63.1%だった。全体に占める新規出品台数の割合は72.2%に上り、こうした新規ダマの受け皿となる「新鮮組(ブロック)」の成約率は78.0%の高率を記録した。

 セリ開始前のセレモニーで秦健二会場長は「2005年に株式化に踏み切り、この度13周年を迎えることが出来ました。当時は小泉氏率いる自民党が総選挙で圧勝し郵政民営化に踏み切ったほか、日本では初めて人口減少に転じるなど、大きな変化の年でした。この13年間、皆様に助けていただきながら、AA運営を続けてまいりましたが、これからも皆様のお役に立てる会場を目指してまいります」と挨拶した。

 当日は、年間4大記念AAということで、さまざまな企画を展開、AA会場内はお祭りムードだった。今年も京都宮川町から舞妓さんが来場、AA会場正面玄関で、艶やかな舞を披露した。新年度恒例の「占いの館」無料体験のほか、各社による出展ブースも盛り上がった。

 同社では、ゴールデンウィーク期間の特別施策として、4月25日と5月2日のAA2開催について、2週連続流札時に出品手数料を「0円」とする特別企画を展開する(対象外ブロック:売切り、リユース10、軽四リフレッシュ)。

 このほか、会員から大好評の「軽四まつり」を今期も継続展開している。パワフル軽四は出品料0円、軽四リフレッシュは同2000円。成約料はともに1万6000円とし、中古車小売りの主役である軽自動車の集荷確保につなげ、出品店と落札店の双方から喜ばれている。

AA会場 ベイオーク 関連記事を読む
[PR]トレンドウォッチ

企業・団体一覧へ


整備一覧へ


板金一覧へ


店舗情報一覧へ


ひと一覧へ


コラム一覧へ


相場統計一覧へ


新製品一覧へ


FC加盟募集 アップル

荒井商事

東西海運

MOTORGATE

オークション会場情報へ

繁盛店レポート

バナー広告募集中

オークション関連の過去記事を検索する

日  ~  

急騰・急落ランキング

急騰車種TOP5

  • ホンダ オデッセイ / RB3,4 前月比:122% 平均落札:677千円
  • トヨタ プリウスPHV / 30系 前月比:114% 平均落札:1,049千円
  • 日産 ノート / E12系 前月比:112% 平均落札:646千円
  • ホンダ フリードスパイク / GB3,4 前月比:112% 平均落札:732千円
  • トヨタ ハイラックスサーフ / 210系 前月比:112% 平均落札:1,004千円

ホンダ オデッセイ / RB3,4
ホンダ オデッセイ / RB3,4

急落車種TOP5

  • スバル エクシーガ / YA系 前月比:77% 平均落札:517千円
  • スズキ ソリオ / MA05系 前月比:92% 平均落札:509千円
  • マツダ アテンザセダン / GJ系 前月比:92% 平均落札:1,243千円
  • スズキ ワゴンR / MH35,55系 前月比:92% 平均落札:885千円
  • マツダ プレマシー / CW系 前月比:93% 平均落札:548千円

スバル エクシーガ / YA系
スバル エクシーガ / YA系