横浜市鶴見区への新会場移転は3月を予定 - グーネット自動車流通

2018年(平成30年)10月24日 [水曜日] 赤口 |  サイトマップ サイトマップ

横浜市鶴見区への新会場移転は3月を予定

オークション 2017年11月19日
「座間会場18周年記念オークション」を開催
会社名:NAA東京
記者会見で抱負を述べる奥山社長

記者会見で抱負を述べる奥山社長

複数画像有

拡大拡大する

 NAA東京(神奈川県座間市・奥山建社長)は11月17日、「座間会場18周年記念オークション」を開催した。今回開催されたオークションは半期に1度のビッグイベントで、出品数は1181台、成約数909台、成約率77.0%、平均成約単価54万5000円となった。

 セリ前挨拶に立った奥山建社長は、完成車検査不正について謝罪をした上で「販売会社は信頼回復に向けて必死に努力をしている。我々も同様に尽力しているので、販売と流通の回復には、もう少し時間をいただきたい。また、年末年始を利用して会場を横浜市鶴見区に移転を予定していたが、工期が若干遅れている。詳しい日程は改めて報告するが、18年間皆様のご支援に心から感謝している。新会場に移転してもメーカー系のAA会場として、良質車の安定供給の役割と低年式車も安心して買える会場としたい。皆様のビジネスの発展と、そのお役に立てるよう社員全員が努力していく」と述べた。

 セレモニー終了後の記者会見で奥山社長は、首都高速生麦ランプ近くの新会場移転について「引渡し時期は2018年2月末。現会場の隣接施設との関係もあり、3月からの開催を予定している」、「敷地は3万7410㎡、地上2階で1600台が収容可能となる。検査棟は20台収容、6台同時に検査が可能。立地も交通、物流の便が良いエリアで、千葉県、茨城県からも来場がしやすくなり、利便性、快適性も飛躍的に向上する」。また「今後も日産を中心とした良質車をマーケットに橋渡しするという役割を果たしたい。今後さらに安心して落札できる良質車を揃え、NAAは変わったなと言われるような会場にするので期待して欲しい」と話した。








 














AA会場 NAA東京 関連記事を読む
[PR]トレンドウォッチ

企業・団体一覧へ


整備一覧へ


板金一覧へ


店舗情報一覧へ


ひと一覧へ


コラム一覧へ


相場統計一覧へ


新製品一覧へ


FC加盟募集 アップル

荒井商事

東西海運

ASNET

週間オークション情報

MOTORGATE

オークション会場情報へ

繁盛店レポート

バナー広告募集中

オークション関連の過去記事を検索する

日  ~  

急騰・急落ランキング

急騰車種TOP5

  • マツダ RX-8 / SE系 前月比:123% 平均落札:513千円
  • スバル エクシーガ / YA系 前月比:122% 平均落札:630千円
  • トヨタ エスティマハイブリッド / 20系 前月比:114% 平均落札:1,444千円
  • 日産 スカイライン / V36系 前月比:112% 平均落札:619千円
  • ダイハツ アトレーワゴン / S300系 前月比:109% 平均落札:543千円

マツダ RX-8 / SE系
マツダ RX-8 / SE系

急落車種TOP5

  • ホンダ シャトル / GK系 前月比:88% 平均落札:1,196千円
  • 三菱 アウトランダーPHEV / GG系 前月比:90% 平均落札:1,745千円
  • ホンダ フィット / GK系 前月比:91% 平均落札:714千円
  • 日産 フーガ / Y51系 前月比:93% 平均落札:1,111千円
  • トヨタ ラッシュ / J200系 前月比:93% 平均落札:574千円

ホンダ シャトル / GK系
ホンダ シャトル / GK系