【中販店に役立つ商品・サービス】BOOT「ZERO LIFT(ゼロリフト)」 - グーネット自動…

2019年11月22日 [金曜日] 大安 |  西暦元号早見表 西暦元号早見表  |  サイトマップ サイトマップ

【中販店に役立つ商品・サービス】BOOT「ZERO LIFT(ゼロリフト)」

新製品 2017年06月20日
車高や場所を選ばず、安全性と作業効率を高める純国産スマートエアジャッキ
会社名:BOOT
レバー操作だけで簡単に昇降可能

レバー操作だけで簡単に昇降可能

複数画像有

拡大拡大する

 今年1月の東京オートサロン2017で披露したスマートエアジャッキ「ZERO LIFT(ゼロリフト)」が注目を集めている。今年2月から出荷を開始、ドレスアップカーを販売するプロショップはもちろん、中古車販売店や自動車整備工場、ロードサービス業者などから引き合いがあるという。

 ゼロリフトは、「車高0センチでもOK!」という触れ込み通り、タイヤさえ付いていれば、どんなに車高が低い車やジャッキアップポイントが分かりづらい輸入車でも簡単に昇降が可能。リフトの爪が差し込める状態であれば、タイヤでなくてもリフトアップが可能で、事故車の整備などにも有効に使える。設置場所を選ばず、コンプレッサーのみで稼働する新発想のエアージャッキ。

 販売店や整備工場では、2柱リフトなどの設備を導入しているところも多いが、ゼロリフトは水平な場所であれば、どこでも作業が出来るほか、設備自体の価格も安価で、設置工事も不要。導入による設備投資も必要最小限に抑えられる。エアサスの技術を応用したもので、許容荷重は2トンまで。手元のレバー1つで昇降ができ、作業者の負担も軽減出来ることも大きな魅力。

 ゼロリフトは総販売元のBOOT(福岡県北九州市)が国内鉄鋼所である久井製作所に製造を依頼した純国産品というのも嬉しいところ。現場発のアイデアを商品化、国内工場で職人が丁寧に仕上げるので、安全性は非常に高い。試作機を数十個も作成、耐久性テストなどを重ねたという。現在特許申請中だという。軽自動車用の小径タイヤから26インチまでのタイヤサイズに幅広く対応する。上げ幅は35センチメートルまで。

 BOOTゼロリフト事業部の武田紀智営業部長は「フロアジャッキは1点で支持する一方、ゼロリフトは2柱リフトと同様に2点で支え、作業の安全性も高い」とする。同社ホームページやQRコードなどで使用方法を説明する動画サイトにリンクしている。
 ゼロリフトは2基1セットで37万8000円(税抜)。

 問い合わせ先=BOOTゼロリフト事業部、TEL:093-601-5500、http://zerolift.jp/

[PR]トレンドウォッチ

オークション一覧へ


企業・団体一覧へ


整備一覧へ


板金一覧へ


店舗情報一覧へ


ひと一覧へ


コラム一覧へ


相場統計一覧へ


新車ランキング一覧へ


中古車ランキング一覧へ


FC加盟募集 アップル

荒井商事

ASNET

週間オークション情報

Loca Loca

MOTORGATE

オークション会場情報へ

繁盛店レポート

バナー広告募集中

グーネット自動車流通へのご意見・ご要望

新製品関連の過去記事を検索する

日  ~  

【対象評価点】

4、4.5点

【抽出価格条件】

直近価格が500千円以上

【抽出台数条件】

毎月50台以上の流通が過去6ヶ月連続していること