日本カーシェア協会と災害時連携協定を締結 - グーネット自動車流通

2024年7月17日 [水曜日] 大安 |  西暦元号早見表 西暦元号早見表  |  サイトマップ サイトマップ

日本カーシェア協会と災害時連携協定を締結

企業・団体 2023年10月27日
全国JU系で16番目、支援ネットワークは着実に拡大
会社名:JU奈良
災害時にクルマをスムーズに供給するため両者が協力

災害時にクルマをスムーズに供給するため両者が協力

複数画像有

拡大拡大する

 JU奈良は10月24日、日本カーシェアリング協会(吉澤武彦代表理事)との間で、協力協定を締結した。大規模災害時などに自動車を被災したユーザーへの支援活動として同協会が行う無償カーシェア事業に対して、支援用車両の確保について協力するもので、両者が連携することで、被災者支援の迅速な実施などにつなげる。同協会が事務局を務める災害支援ネットワーク「モビリティ・レジリエンス・アライアンス」に加盟した。

 全国JU系では、16番目の協定締結で、同協会とのアライアンスが急速に全国JUに拡大しており、更なるネットワークが進んでいる。

 24日には、大和郡山市のJU奈良事務局で協定締結式を開いた。同協会の吉澤代表理事がJU奈良を表敬訪問し、米田勝総務委員長が迎え、両者による調印式を行った。

 同協会の吉澤代表理事は「地方に行けば行くほど、クルマが重要な移動手段になる。東日本大震災では、宮城県石巻市だけでも6万台のクルマを失った。近年は全国各地で水害などの災害で困っている方が増えている。今後もクルマをサポートする体制を全国で整えていきたい」と話した。

 米田総務委員長は「JU奈良では、日頃から奈良県警察などと連携し、地域の交通安全や犯罪抑止のための活動を行っている。県内唯一のAA会場としても、今後ますますの支援を行っていきたい」と話した。

 JU中販連傘下の全国JUでは、こうした支援ネットワークが拡大しているが、同協会では「中古車を扱うJU中販連という組織は、災害時に一番効果的な支援を行うことができるパートナーで、全国ネットワークが心強い。実際に発生した災害時においても、地元JUの協力で大きな成果を上げている。これからも連携強化をお願いしたい」(吉澤代表理事)と、全国JUの協力に期待を寄せている。

JU奈良 関連記事を読む
[PR]トレンドウォッチ

オークション一覧へ


整備一覧へ


板金一覧へ


店舗情報一覧へ


ひと一覧へ


コラム一覧へ


相場統計一覧へ


新製品一覧へ


新車ランキング一覧へ


中古車ランキング一覧へ


FC加盟募集 アップル

荒井商事

ASNET

QuickXQuick

週間オークション情報

オークション会場情報へ

成功事例集

バナー広告募集中

グーネット自動車流通へのご意見・ご要望

企業・団体関連の過去記事を検索する

日  ~  

【対象評価点】

4、4.5点

【抽出価格条件】

直近価格が500千円以上

【抽出台数条件】

毎月50台以上の流通が過去6ヶ月連続していること