次世代型車両スキャン設備「Twinner Space」のスタジオを建設 - グーネット自動車流通

2024年3月5日 [火曜日] 先勝 |  西暦元号早見表 西暦元号早見表  |  サイトマップ サイトマップ

次世代型車両スキャン設備「Twinner Space」のスタジオを建設

企業・団体 2023年01月31日
日本国内はサブスク型で販売
会社名:双日
約20個のセンサーとカメラを用いて車両の外装をスキャン

約20個のセンサーとカメラを用いて車両の外装をスキャン

複数画像有

拡大拡大する

 大手総合商社の双日は、次世代型車両スキャン設備「Twinner Space(ツインナー スペース)」のデモンストレーション用スタジオを愛知県に建設、国内の流通業者・小売業者・輸出業者など各企業へ販売を開始した。

 販売方式はサブスクリプション型で、最初に年間想定スキャン台数を設定、毎月スキャン台数に応じて料金を支払う。Twinner Space本体は同社が無料で設置、契約者は本体を置く建屋、電気・インターネット設備を用意するだけとなる。

 スタジオは同社のグループ会社で高級輸入車専門店の「アペルタ名古屋」(愛知県清須市)に隣接する南側の土地に建設。日本導入初号機の「Twinner Space」を備え、既に最新鋭のスキャン技術に興味を持つ複数の企業が視察に訪れている。

 「Twinner Space」はドイツのツインナー社が開発したスキャン装置で、自動車の内外装を5分ほどで360度パノラマ撮影・スキャンをし、AIの活用によりクラウド上で処理することで対象車両をコンピューター上に再現することが可能、小売・流通市場や検査など自動車流通のあらゆる過程において、今後必要性が高まる装置となる。双日は2022年3月に、Twinner社に出資参画し、日本における販売総代理権を獲得している。

[PR]トレンドウォッチ

オークション一覧へ


整備一覧へ


板金一覧へ


店舗情報一覧へ


ひと一覧へ


コラム一覧へ


相場統計一覧へ


新製品一覧へ


新車ランキング一覧へ


中古車ランキング一覧へ


FC加盟募集 アップル

荒井商事

ASNET

QuickXQuick

週間オークション情報

Loca Loca

オークション会場情報へ

成功事例集

バナー広告募集中

グーネット自動車流通へのご意見・ご要望

企業・団体関連の過去記事を検索する

日  ~  

【対象評価点】

4、4.5点

【抽出価格条件】

直近価格が500千円以上

【抽出台数条件】

毎月50台以上の流通が過去6ヶ月連続していること