新春初荷AAは出品1688台、成約1034台 - グーネット自動車流通

2024年6月14日 [金曜日] 先勝 |  西暦元号早見表 西暦元号早見表  |  サイトマップ サイトマップ

新春初荷AAは出品1688台、成約1034台

オークション 2023年01月09日
22年は出品、成約とも大きく伸長し存在感示す
会社名:MIRIVE大阪
伊藤社長が新年の挨拶を述べた

伊藤社長が新年の挨拶を述べた

複数画像有

拡大拡大する

 MIRIVE大阪(大阪府松原市、伊藤文彦社長)は1月5日、全国オートオークション(AA)会場の先陣を切って「2023年新春初荷AA」を開催した。年初早々の開催ながら、出品台数1688台を集め、このうち1034台を成約、成約率は61.3%だった。

 セリ開始前のセレモニーでは伊藤社長が新年の挨拶に立ち「2022年は厳しい環境ではありましたが、会員の皆様が安心してご参加いただける環境作りはもちろんのこと、会員の皆様へのサービスの質向上に重点を置いてオークションを開催してまいりました。おかげさまで、ミライブ大阪の昨年実績は『出品台数』と弊社がこだわる『成約台数』ともに、前年実績を上回ることができました。今年もミライブは経営理念である『創造的挑戦』を実践すべく、会員の皆様方の声に真摯にお応えし、会員の皆様方の売り買いの場におけるサービス向上を常に考え、さまざまなことに調整したいと思います」と感謝の言葉と今年の抱負を述べた。

 同社は今年、会員利便向上のための取り組みとして、内装画像5枚と合わせた「360度画像」の導入を予定している。同時に検査のデジタル化を検討しており、検査精度の平準化させる考え。これと合わせて出品票のデジタル化もこれまで以上に推進する。こうした取り組みは2023年度上半期(23年9月まで)に完了させる考えだ。会員から好評の自社ネット「Mライブ」からの応札が強まる中で、ミライブ3会場(埼玉、大阪、愛知)の検査基準平準化を推進、これまで以上に買いやすい環境を整える

 同会場の22年実績は、出品台数が前年比5.6%増の11万6台、成約台数が同4.3%増の8万4408台、成約率が76.7%という高水準で推移するなど、激戦区の近畿エリアにおいて、多くの良質車を供給し存在感を示した。

MIRIVE 大阪 関連記事を読む
[PR]トレンドウォッチ

企業・団体一覧へ


整備一覧へ


板金一覧へ


店舗情報一覧へ


ひと一覧へ


コラム一覧へ


相場統計一覧へ


新製品一覧へ


新車ランキング一覧へ


中古車ランキング一覧へ


FC加盟募集 アップル

荒井商事

ASNET

QuickXQuick

週間オークション情報

オークション会場情報へ

成功事例集

バナー広告募集中

グーネット自動車流通へのご意見・ご要望

オークション関連の過去記事を検索する

日  ~  

【対象評価点】

4、4.5点

【抽出価格条件】

直近価格が500千円以上

【抽出台数条件】

毎月50台以上の流通が過去6ヶ月連続していること