【連載コラム】File22自動車会社の働き方改革 - グーネット自動車流通

2021年9月28日 [火曜日] 大安 |  西暦元号早見表 西暦元号早見表  |  サイトマップ サイトマップ

【連載コラム】File22自動車会社の働き方改革

コラム 2021年06月25日
マイカー整備は勤務時間内、時間外?
会社名:社会保険労務士 本田淳也

 自動車整備士であれば、自分のクルマの修理は勤務先のリフトや工具を使って作業をするのが一般的。ただその際、労災事故が発生したらどうなるのか、勤務時間内に作業してもいいの?など、いくつかの疑問点が浮かび上がります。相談事例を通して解説しましょう。

■少なくない労災事故
 以前、遠方のガソリンスタンドの経営者からこんな相談がありました。「店員で自分の勤務が終わった後にマイカーを修理していたり、ときには勤務時間内でもタイヤ交換などをしているときもあるのですが、こんな時に労災事故が起きたら責任はどっちになりますか?」。確かに整備はリフトや工具を使うため、衝突や巻き込み、挟まれるといった労災事故が起きやすい職種ではあります。事実、私も整備士2年目の頃、誤ってハンマーで指を叩いてしまい病院に行った記憶があり、社労士となった後も経験不足や慣れを原因とした労災事故を見かけてきました。
 今回のご相談にお答えする前に、まず労災事故として認定されるには、業務に対する「遂行性」と「起因性」があり、いずれも満たしている必要があります。「遂行性」とは、事業主の支配・管理下で業務に従事している状態を指し、通常勤務時間内であれば遂行性は認められるケースが多いでしょう。もう一方の「起因性」は、その負傷が業務によって起きたものかどうか。負傷であればシンプルで分かりやすいものの、疾病の場合は因果関係の度合いで認定されるか否かが異なってきます。

■労使ともに納得する仕組みを
 今回のご相談については、勤務時間内なのか、勤務時間外なのかで分けられます。後者の勤務時間外の場合、プライベートな時間であり、事業主の管理下で業務を行っているワケではないため、何らかの事故が起きても労災は認定されない可能性が高いでしょう。ただ、だからと言って勤務時間内なら労災認定されるというワケでもありません。なぜならマイカーを修理しているワケで、「事業主の管理下で業務を行っている」とは言い難いからです。なかなか判断が難しいケースですが、マイカー修理を「業務」と捉えるか否かで結果が異なってくると思います。
もうひとつ気になるのが、いくら暇だからといって勤務時間内にマイカーを修理するというのは、会社として規律に問題があるようにも思えます。とは言っても、リフトがあるのにそこでマイカー整備不可にしたら、さすがに従業員から不満が出るでしょう。したがって、「マイカー修理等は原則勤務時間外に作業をしてもらい、一応その際に事故が起きたら労災は使えないから充分注意してね」、と事前に伝えておくのがいいのではないですかと回答をしました。従業員の不満を解消しつつ、出来れば満足度も向上させながら会社のリスクも低減する、そんな仕組みを作っていきましょう。

【筆者プロフィール】
社会保険労務士・自動車整備コンサルタント 本田淳也
青森県深浦町生まれ。北海道自動車短大を卒業後、ディーラーにメカニックとして勤務。その経験を活かし四駆専門誌で数多くの記事を執筆。帰郷後、本田社会保険労務士事務所を開業。社員がイキイキ働く組織づくりをサポート。著書「自動車整備業の経営と労務管理」(日本法令)。

[PR]トレンドウォッチ

オークション一覧へ


企業・団体一覧へ


整備一覧へ


板金一覧へ


店舗情報一覧へ


ひと一覧へ


相場統計一覧へ


新製品一覧へ


新車ランキング一覧へ


中古車ランキング一覧へ


FC加盟募集 アップル

荒井商事

ASNET

QuickXQuick

週間オークション情報

Loca Loca

オークション会場情報へ

繁盛店レポート

バナー広告募集中

グーネット自動車流通へのご意見・ご要望

コラム関連の過去記事を検索する

日  ~  

【対象評価点】

4、4.5点

【抽出価格条件】

直近価格が500千円以上

【抽出台数条件】

毎月50台以上の流通が過去6ヶ月連続していること