グーネット自動車流通

メニュー

ジョイカルジャパン

7月鉄スクラップ市況

海外では根戻しが進展したものの国内相場は反発に欠ける

 日本鉄リサイクル工業会(東京都新宿区)は8月1日、国内の鉄スクラップマーケット情報を発表した。7月の国内鉄スクラップ相場は3月末から続いた下落基調に歯止めがかかり、関東など一部地域で4ヵ月ぶりに反発した。6月末に開催されたG20大阪サミット以降、米中貿易摩擦に対する懸念が一時的に和らぎ、海外相場で値戻しが進展したことが追い風となった。国内相場は新規輸出相場が先導する形で底入れし、7月末時点のH2炉前価格は関東が前月の底値比500円~1000円程度高い2万6000円~2万7千円、関西は2万5500円~2万6500円とこちらは反発力に欠ける展開となっている。

 市中では梅雨明けに伴い発生の夏枯れが指摘され、今後も上昇が続くとの期待感が強まってきている。半面、H2のベトナム向け成約価格が300ドル(CFR)に到達した一方、韓国大手需要家の提示価格は2万7千円(FOB)にとどまるなど、輸出相場は向け先により温度差を残している。8月には国内電炉メーカーの減産が本格化することから内需の落ち込みを懸念する声も根強く、国内相場は底入れ後も力強さを欠く状況となっている。

オークション

企業・団体

店舗情報

ひと

コラム

新製品

新車ランキング

中古車ランキング

年頭所感

整備

板金