グーネット自動車流通

メニュー

バディカ書籍案内

国内初、車とアプリの連携で車両コンディションの自動解析・遠隔診断を実現

  • GMO社が開発した「車載コネクタ」 GMO社が開発した「車載コネクタ」
  • ジョイカルジャパン中村社長(左)とGMOクラウド青山社長 ジョイカルジャパン中村社長(左)とGMOクラウド青山社長

自動車向けIoTソリューション「LINKDrive byGMO」「LINKPit byGMO」を発表。

 GMOインターネットグループのGMOクラウド株式会社(東京都渋谷区:青山満社長、以下GMOクラウド)は7月26日、国内初となる車とアプリの連携による車両コンディションの自動解析・遠隔診断サービスの提供を都内にて発表した。

 同社が提供する自動車向けIoTソリューションは、一般乗用車を対象に同社が開発した専用の車載コネクタを車載故障診断装置=OBD2に接続することでインターネットを経由し、自動車のECU(エンジン・ユニット・コントロール)に蓄積された車両データを収集・管理できる仕組み。

 同IoTソリューションを展開するツールとして一般ユーザー向けのスマホアプリ「LINKDrive byGMO(リンクドライブ)」と自動車整備事業者向けのクラウド型スキャンツール「LINKPit byGMO(リンクピット)」を発表。 
 「LINKDrive」は、気付きにくいオイルの汚れやバッテリーの劣化、タイヤの消耗など、車両コンディションを自動解析し、その状態を「見える化」することができるアプリ。また、アプリを通じて車の遠隔診断も可能であり、自動車の不調を未然に防ぐ「予防整備」の面でも期待が大きい。
 「LINKPit」は車両整備に欠かせない一連の診断をタブレット端末向けアプリで実施できる。また、「LINKDrive」と連携し、インターネットを介した遠隔診断も実現しており、整備工場が生き残る手段として期待が寄せられている。

 「LINKPit」は、ジョイカルジャパン(東京都品川区:中村靖弘社長)が総販売代理店として年内に1000台の販売を目指す。

オークション

企業・団体

店舗情報

ひと

コラム

相場・統計

新車ランキング

中古車ランキング

年頭所感

整備

板金