グーネット自動車流通

メニュー

ジョイカルジャパン

自動車公正取引協議会/日本自動車鑑定協会に「中古車車両状態表示(評価)に関する監修」を実施

 自動車公正取引協議会(東京都千代田区)は9月2日、日本自動車鑑定協会に中古車の車両状態表示(評価)に関する監修を実施した。

 同協議会では平成22年7月より中古車の表示(評価)項目や基準、運用体制等車両状態表示(評価)に関する監修基準を策定し、表示(評価)を実施する機関からの申請を受けて監修を行っていたが、日本自動車鑑定協会が行う中古車の鑑定に関するシステムが、同基準を満たしていることを確認。9月2日付で監修が完了した。

 同協議会が実施する監修は、消費者向けに行われる中古自動車の車両状態に関する表示(評価)の項目・基準、運用体制等が一定の基準を満たすものについて、公取協が、求めに応じて監修をすることにより、車両状態に関する表示(評価)の信頼性の向上と消費者の適正な選択の確保に資することを目的としている。

 これまで同協議会が実施した監修は、「トヨタU-Car品質評価制度」(トヨタ自動車)、「Vehicle Condition Check System(V-Con)」(日本自動車査定協会)、「車両品質システム、車両状態表示(ACC)システム」(オークネット)で、日本自動車鑑定協会は4社目の監修実施となる。



オークション

店舗情報

ひと

コラム

相場・統計

新製品

新車ランキング

中古車ランキング

年頭所感

整備

板金