グーネット自動車流通

メニュー

ジョイカルジャパン

第17回全国JAM(ジョイカルアライアンスミーティング)開催、Make Our Future 2025を共有

  • 早川社長より2023年活動方針が発表された 早川社長より2023年活動方針が発表された
  • 中村会長による総括と展望の挨拶 中村会長による総括と展望の挨拶
  • オンラインで全国の加盟店に配信された オンラインで全国の加盟店に配信された

契約店舗数580店を突破、2023年活動方針発表

 整備工場を対象とした新車販売のフランチャイズチェーンを展開するジョイカルジャパン(東京都品川区・早川由紀夫社長)は11月1日、2日にかけて、オンライン方式で全国加盟店へ向けて2022年の活動と2023年の運営方針を説明する「第17回全国JAM(ジョイカルアライアンスミーティング)」を開催した。

 大会冒頭で、中村会長は「ジョイカルはパートナー各社とのアライアンスに支えられて、現在契約店舗数581店に達することができた。今後は、3つのテーマでやっていく。まずは、ジョイカルクラウドによるDX化の推進、次にSDGSへの取組としてカーボンニュートラル。そして商品力をアップする。セブンマックスからの進化形もその一つ。車の乗り方を変え、時代を変えていきたい」と挨拶した。

 2022年の総括と2023年の活動方針の報告は、早川由紀夫社長から「同社が取り組むべきビジョン=「クルマの乗り方、変える。時代、変える、ジョイカル。」(Make Our Future 2025)が発表された。

 同社が手掛ける主力商品である「セブンマックス」、「ハーフマックス」、「乗れマックス」、「NORIDOKI」、「コミかる」について実績と販売傾向が報告され、2023年にアップデートされるサービスと多くの新サービス(新カード会社提携、セブンマックス2.0として様々な新サービス)導入の計画が発表された。また、自動車会社のDXやカーボンオフセットに関わるサービスの展開を予定していることが本会内で発表があった。






オークション

店舗情報

ひと

コラム

相場・統計

新製品

新車ランキング

中古車ランキング

年頭所感

整備

板金