グーネット自動車流通

メニュー

ジョイカルジャパン

中古車の支払総額表示義務化を承認

  • 新会長に就任した倉石誠司氏 新会長に就任した倉石誠司氏
  • 総会の様子 総会の様子

2022年度定時総会開催「新会長に倉石誠司氏」

 自動車公正取引協議会(東京都千代田区)は6月8日、都内のホテルにおいて2022年度定時総会及び理事会を開催した。新会長に倉石誠司氏(自工会本田技研工業取締役会長)と新副会長に金子直幹氏(自販連会長)が選任された。第2号議案では、自動車業における表示に関する公正競争規約及び同施行規則改正案が上程され、「中古車の支払総額表示の義務化」や「冠水車の表示」、「違反した場合の罰則の強化」等について規約改正案が承認された。
 
 2021年度の事業では、四輪車関係において「規約に基づく適正表示の一層の促進」、「会員事業者の表示管理体制整備・充実のための支援活動の実施」、「サブスク料金等の表示に関する規約・規則の改正と普及活動の実施」、「修復歴車や不当な価格表示等の不当表示の未然防止及び厳正な対処」、「中古車の支払総額の表示義務付けの検討」、「冠水車の不当表示未然防止活動の実施及び表示のあり方の検討」等、消費者にとって分かりやすい表示についての取り組みが報告された。

 2022年度事業計画では、基本方針として「公正競争規約に基づく適正な表示の徹底により、公正な競争の促進及び一般消費者の信頼確保・向上を図る」、「公正競争規約及び会員店で購入するメリットを一般消費者に積極的にPRし、その認知を高める」を掲げ、規約に基づく適正表示の一層の促進と不当表示行為の未然防止及び厳正な対処を行うとした。

 これら基本方針に基づき、今年度重点事業として、「中古車の販売価格「支払総額」の表示に関する規約・規則の改正及び普及活動の実施」、「修復歴や不当な価格表示等の不当表示の未然防止及び厳正な対処」、「カタログ等における装備品等の表示及び打消し表示のあり方等に関する周知活動の実施」を掲げた。二輪車関係では、「中古二輪車の品質評価、品質評価実施店の定着化を促進」し、「適正な走行距離表示の周知徹底」を行う。

【新役員体制】「敬称略」
会長:倉石誠司(新任)
副会長:金子直幹(新任)
副会長:赤間俊一
副会長:入野泰一
副会長:竹林武一
副会長:海津博
専務理事:鈴木欣也
常務理事:浅見尚久(新任)

オークション

店舗情報

ひと

コラム

相場・統計

新製品

新車ランキング

中古車ランキング

年頭所感

整備

板金