グーネット自動車流通

メニュー

バディカ書籍案内

「ヤナセ ブランドスクエア横浜」をリニューアルオープン

  • 新CIを適用したヤナセブランドスクエア横浜 新CIを適用したヤナセブランドスクエア横浜

ヤナセ最大級の中古車販売拠点のリニューアルで、 ヤナセ認定中古車の販売強化

 ヤナセ(東京都港区、吉田多孝社長※)のグループ会社、 ヤナセブランドスクエア株式会社(藤田吉宣社長) は、ヤナセ認定中古車販売拠点「ヤナセ ブランドスクエア横浜」 に、 最新のヤナセブランドスクエアCI基準を導入し、4月16日にリニューアルオープンした。(※吉は「土」に「口」)

「ヤナセ ブランドスクエア横浜」は、ヤナセ初の大型中古車販売拠点として2003年9月に開設し。18年6ヵ月にわたり、メルセデス・ベンツをはじめ、BMW、フォルクスワーゲン、アウディ、GM車など、さまざまな海外メーカー中古車を首都圏エリア中心に販売。昨年4月からは厳選した国内メーカー中古車の販売もスタートし、 1箇所で複数の車種がそろう店舗として好評を博している。

 ヤナセブランドスクエア新CIの適用は、2020年8月に移転オープンした「ヤナセ ブランドスクエア福岡」に次いで 2店目。「ヤナセ ブランドスクエア横浜」 を、アーバンリゾートをイメージした高級感のあるショウルームに一新した。
 広く快適な商談スペースと最大180台の展示が可能な屋外展示スペースを有し、豊富なラインアップからユーザーに合った1台を選べる環境を提供する。

 同店は、第三京浜道路「港北インターチェンジ」 出口を下車、「ヤナセ横浜港北支店(メルセデス・ベンツ港北)」から至近の、 アフターサービスの利便性も高い場所に位置している。

 ヤナセブランドスクエアは「お客さまのご要望に応えるさまざまな保証を用意し、さらなる利便性・満足度向上に努めます。そしてヤナセ最大級の中古車販売拠点を活用し、首都圏エリアを中心にヤナセ認定中古車の販売をさらに強化していきます」としている。

オークション

企業・団体

ひと

コラム

相場・統計

新製品

新車ランキング

中古車ランキング

年頭所感

整備

板金