近畿リレーパート2は出品台数509台を集荷 - グーネット自動車流通

2021年1月21日 [木曜日] 友引 |  西暦元号早見表 西暦元号早見表  |  サイトマップ サイトマップ

近畿リレーパート2は出品台数509台を集荷

オークション 2020年11月21日
10、11月のリレー2開催合算で出品1000台超
会社名:JU奈良
JU近畿の財藤会長が挨拶

JU近畿の財藤会長が挨拶

複数画像有

拡大拡大する

 JU奈良(大和郡山市、服部教昭理事長)は11月14日、「オールJU近畿リレーオートオークション(AA)パート2」を開催した。出品台数は今年度5番目の高水準の509台に上り、成約率は64.0%の高率だった。JU近畿(財藤和喜男会長)が開催するオールJU近畿リレーAAでは、10月と11月にそれぞれパート1、パート2を開催しているが、今年は2開催合算で1001台を集荷した。

 今回のパート2では、JU大阪とJU兵庫、JU和歌山が担当した。JU近畿からの出品台数は133台(うち10台は映像出品)に上り、JU近畿管内で唯一の現車AAを展開するJU奈良を盛り上げた。10月10日開催のパート1では、JU滋賀とJU京都、JU奈良が担当し492台を集荷、今回のパート2では出品台数500台を上回るとともに、2開催合算1000台超を達成するなど、各商組が協力したリレーAA開催だった。

 セリ開始前のセレモニーでJU近畿の財藤会長は秋商戦も追い込みの最中という状況ですが、コロナ感染が再拡大しています。1人1人が予防対策をしっかりと行いながら、しっかりとご商売を続けていけるよう、頑張りましょう」と挨拶を述べた。

 服部理事長は「皆様からご出品いただいたクルマは1台1台丁寧にセリにかけさせていただきます。本日もこの会場で良い商いをしていただきたく、最後まで活発なコールをお願いします」と感謝の言葉を述べた。

JU奈良 関連記事を読む
[PR]トレンドウォッチ

企業・団体一覧へ


整備一覧へ


板金一覧へ


店舗情報一覧へ


ひと一覧へ


コラム一覧へ


相場統計一覧へ


新製品一覧へ


新車ランキング一覧へ


中古車ランキング一覧へ


FC加盟募集 アップル

荒井商事

ASNET

週間オークション情報

Loca Loca

オークション会場情報へ

繁盛店レポート

バナー広告募集中

グーネット自動車流通へのご意見・ご要望

オークション関連の過去記事を検索する

日  ~  

【対象評価点】

4、4.5点

【抽出価格条件】

直近価格が500千円以上

【抽出台数条件】

毎月50台以上の流通が過去6ヶ月連続していること