11周年記念AA開催、成約台数と成約率は今年2番目の高水準 - グーネット自動車流通

2020年8月6日 [木曜日] 仏滅 |  西暦元号早見表 西暦元号早見表  |  サイトマップ サイトマップ

11周年記念AA開催、成約台数と成約率は今年2番目の高水準

オークション 2020年07月09日
オープンから11年で着実に成長、直近は1開催あたり出品1000台超に
会社名:TAA四国
北口社長が挨拶に立ち、サテライト会場開設を発表した

北口社長が挨拶に立ち、サテライト会場開設を発表した

複数画像有

拡大拡大する

 TAA四国(香川県三豊市、北口武志社長)は7月7日、「四国会場11周年記念オートオークション(AA)」を開催した。厳しいタマ不足の中、1371台もの良質車が集まった結果、成約台数1173台と成約率86.6%はともに、今年2番目の高水準を記録する活況となった。成約台数は3月10日開催「春まつり」、成約率は1月14日開催「新春まつり」に次ぐ高水準だった。

 セリ開始前のセレモニーでは北口社長が挨拶に立ち「四国会場は開設以来、着実に規模を拡大してまいりましたが、2021年4月には愛媛県松山市近郊に、検査棟やポス席などを有し、皆様にご利用いただきやすい会場をという考えで、常設のサテライト会場を立ち上げることに決定しました。TAAは皆様方のご商売を支援出来るよう、引き続き努力を続けてまいります」と話した。
 続いて挨拶に立った伊藤良倫会場長は会員への心からの感謝の言葉を述べた。

 TAA四国は2009年7月に開設、当初は広島会場のサテライト会場という位置付けだったが、順調に開催規模を拡大し、15年には「単独会場」としてセリ進行2レーン化を実施した。その後、18年11月には愛媛県松山市に「愛媛松山特設ヤード」を開設、愛媛県のトヨタ系ディーラーの利便性向上を図った。開設10周年だった昨年は累計出品台数30万台を達成したばかり。19年には1開催あたり平均出品台数が1000台の大台に乗り、20年1~6月期も同1000台超を持続、四国エリアでの占拠率は史上最高の48.9%に達している。堅調なトヨタ系ディーラーからの出品と合わせて、約半数を占める一般会員からの出品も成長の原動力となっている。

 こうした中で、愛媛県とりわけ四国最大都市である松山市のトヨタ系ディーラーや一般会員の利便性を向上させるため、21年4月の「愛媛松山サテライト会場(仮称)」立ち上げを決めた。

TAA四国 関連記事を読む
[PR]トレンドウォッチ

企業・団体一覧へ


整備一覧へ


板金一覧へ


店舗情報一覧へ


ひと一覧へ


コラム一覧へ


相場統計一覧へ


新製品一覧へ


新車ランキング一覧へ


中古車ランキング一覧へ


FC加盟募集 アップル

荒井商事

ASNET

週間オークション情報

Loca Loca

オークション会場情報へ

繁盛店レポート

バナー広告募集中

グーネット自動車流通へのご意見・ご要望

オークション関連の過去記事を検索する

日  ~  

【対象評価点】

4、4.5点

【抽出価格条件】

直近価格が500千円以上

【抽出台数条件】

毎月50台以上の流通が過去6ヶ月連続していること