IMA九州で提供する下回り画像が大好評 - グーネット自動車流通

2020年11月28日 [土曜日] 大安 |  西暦元号早見表 西暦元号早見表  |  サイトマップ サイトマップ

IMA九州で提供する下回り画像が大好評

オークション 2020年02月20日
セリ下見の利便性を拡充、成約率向上にも期待感
会社名:いすゞユーマックス
会場の多機能端末、外部ネットから閲覧可能

会場の多機能端末、外部ネットから閲覧可能

複数画像有

拡大拡大する

 IMA九州(福岡県古賀市、小美濃洋社長)が1月9日の「新春初荷記念モーターオークション(MA)」からサービスを開始した下回り画像が会員から好評を受けている。同社としては初めての試みで、車両の下回りは商用車では特に気になるポイントで、提供情報の拡充により、売り手と買い手の双方から喜ばれており、「成約率向上」への同社の積極的な取り組みの一環だ。

 同社が提供する下回り画像は、撮影室床面に設置した車両センサー付きの撮影システムが車両の通過時に自動撮影するという画期的な仕組み。メディアリンク・アイ社製のシステムで、全国のオークション会場においては、NAA福岡(福岡県久山町)に次ぐ2会場目の導入。外部端末からのセリ参加時などに全9枚用意される車両画像のうち、2枚がこの下回り画像だ。

 長崎市のトラック専門店、沖田自動車の沖田博文社長は「以前は会場に出向いて応札していたが、遠方のため最近は会場に出向く機会も減っている。こうした中で、下回り画像は大変役に立っている。中古トラックはシャシーが命とも言える中、とても良いサービスで、下見検索の際に大変役立っている」という。

 また、会場落札が多い中古車輸出バイヤーからも「判断材料が増えることは大歓迎。サビの程度を判断するにはまだまだ不十分だが、フレームの構造やデフなどの部品を判断するのには大変役立つ。画像下見である程度絞り込めるので、現車を下見する手間も減り、セリに集中出来る」と概ね好評だ。

 今後は画像解像度の向上、ズームアップ機能の追加といったサービス拡充や神戸会場や東京会場への展開にも期待がかかるところだ。会員利便を向上させることで、現車が気になる商用車オークションにおいても外部応札を促進、更なる成約率向上に期待がかかる。

IMA東京 IMA神戸 IMA九州 ima-net(アイエムエー・ネット)
[PR]トレンドウォッチ

企業・団体一覧へ


整備一覧へ


板金一覧へ


店舗情報一覧へ


ひと一覧へ


コラム一覧へ


相場統計一覧へ


新製品一覧へ


新車ランキング一覧へ


中古車ランキング一覧へ


FC加盟募集 アップル

荒井商事

ASNET

週間オークション情報

Loca Loca

オークション会場情報へ

繁盛店レポート

バナー広告募集中

グーネット自動車流通へのご意見・ご要望

オークション関連の過去記事を検索する

日  ~  

【対象評価点】

4、4.5点

【抽出価格条件】

直近価格が500千円以上

【抽出台数条件】

毎月50台以上の流通が過去6ヶ月連続していること