タブレット検査導入で検査データを早期公開 - グーネット自動車流通

2019年12月12日 [木曜日] 友引 |  西暦元号早見表 西暦元号早見表  |  サイトマップ サイトマップ

タブレット検査導入で検査データを早期公開

オークション 2019年07月16日
売買チャンス拡大に大きく貢献しセリ活性化
会社名:ベイオーク
タブレット検査やデータアップまでの流れ

タブレット検査やデータアップまでの流れ

複数画像有

拡大拡大する

 ベイオーク(大阪市住之江区・塩原淳平社長)は5月の業務システムリニューアルに際し、タブレット検査を導入した。検査データが早期公開されるなど、出品店にとっては成約チャンスが大きく拡大、落札店にとっても早期から入札車両を検討することができ、売買チャンスを拡大する。

 業務システムリニューアルに際しては「検査結果の早期データアップ、時代に沿った情報提供を行うことで、これまで以上にお客様に必要とされる会場を目指す」(同社広報)という目的を掲げた。
 大きな特徴はタブレット端末を用いた車両検査の導入で、検査員が出品車を検査しながら、1台1台検査データをアップしていく。従来であれば、出品番号が付与されるまで検査データを確認出来なかったが、新検査では検査終了時点で検査データを確認出来る状況に変わった。検査結果は応札に大きく影響することから、少しでも早く検査データをアップして売買チャンスを拡大したいという同社の考えを形にした。

 また、輸出向け車両に重宝される「オドメーター」と「コーションプレート」の画像掲載を追加した。これまでの車両基本データにプラスして、検査文言も英語表記が可能となった。

 今回のシステムリニューアル、新検査導入に際しては、出品申込書の様式も変更した。同社では「タブレット検査を行うには、新申込書での出品が必要です。旧申込書をお持ちでも新申込書への切り替えをお願いします」としている。

 こうしたAA開催のバックヤード部分をしっかりと会員目線の仕組みにリニューアルし、更に活発な「売り」「買い」を引き出すとともに、会員の利便性や満足度を最大限高めていきたい考えだ。

ベイオーク 関連記事を読む
[PR]トレンドウォッチ

企業・団体一覧へ


整備一覧へ


板金一覧へ


店舗情報一覧へ


ひと一覧へ


コラム一覧へ


相場統計一覧へ


新製品一覧へ


新車ランキング一覧へ


中古車ランキング一覧へ


FC加盟募集 アップル

荒井商事

ASNET

週間オークション情報

Loca Loca

MOTORGATE

オークション会場情報へ

繁盛店レポート

バナー広告募集中

グーネット自動車流通へのご意見・ご要望

オークション関連の過去記事を検索する

日  ~  

【対象評価点】

4、4.5点

【抽出価格条件】

直近価格が500千円以上

【抽出台数条件】

毎月50台以上の流通が過去6ヶ月連続していること