【連載企画】File13中古車販売店「経営実務」のウソ?ホント? - グーネット自動車流通

2019年6月27日 [木曜日] 大安 |  西暦元号早見表 西暦元号早見表  |  サイトマップ サイトマップ

【連載企画】File13中古車販売店「経営実務」のウソ?ホント?

コラム 2019年03月22日
営業マンのノルマは販売台数ではないってウソ?ホント?
会社名:自動車業界特化型税理士 酒井将人

 自動車販売店の経営者や実務担当者が抱く経営・経理・税金に関する様々な疑問について、自動車業界専門の税理士が解説します。

【中古車販売店と経営目標】
 中古車販売店において、経営目標を設定することは、とても重要であることは言うまでもありません。目標設定に関する詳しい解説などは割愛させて頂きますが、経営目標は、中長期目標から順に、そして、数値面・人事面・環境面など様々な側面から設定し、定期的かつ臨機応変にメンテナンス(見直し)を行うようにしましょう。

【経営目標とノルマ】
 経営目標と聞くと、真っ先に「ノルマ」という言葉をイメージする方が多いと思いますが、経営目標とノルマはイコールではありません。経営目標は〝目指すべき基準点であるのに対して、ノルマは〝目標を達成するために割り当てられる労働基準量〟を意味する言葉です。つまり、ノルマは、経営目標に到達するために課される労働量という訳です。

【営業マンとノルマ】
 例えば、営業マンが1名だけの中古車販売店が、経営目標を月間売上台数10台に設定したとします。この店舗の来客成約率が20%だとすると、1ヶ月で50人(10台÷20%)の来客が必要となります。さてこの場合、この営業マンに課されたノルマは、月に10台の中古車を売ることでしょうか?いいえ違います。この営業マンに課されたノルマとは、50人の来客を達成するために行うべき営業活動の労働量を指します。具体的には、問い合わせ客や既存客への電話やEメールでの営業、知人への紹介依頼、ポスティングなどですね。

【経営者の役目とは】
 経営者が勘違いして設定した販売ノルマに萎縮した営業マンは、セールスを伸ばすことができません。お店としての売上目標を達成するためにスタッフ一人ひとりが行うべきことを考えて伝えることこそが、経営者の役目です。そして、お店の売上目標の達成をスタッフ一丸となって目指すことができる環境を整えること、それが経営者の仕事であり、「経営する」ということなのだと思います。確かに、「クルマを売る」のは営業マンの仕事ですが、「クルマを売らせる」のは経営者の仕事であるということを忘れないようにしましょう。

【筆者紹介】
税理士 酒井将人。
自動車業界特化型税理士事務所OFFICE M.N GARAGE代表。
自動車販売店などの経営サポートや業務改善に注力する傍ら、自動車業界活性化のための活動を行う。著書に『いまさら人に聞けない「中古車販売業」の経営・会計・税務Q&A(セルバ出版)』など。

[PR]トレンドウォッチ

オークション一覧へ


企業・団体一覧へ


整備一覧へ


板金一覧へ


店舗情報一覧へ


ひと一覧へ


相場統計一覧へ


新製品一覧へ


新車ランキング一覧へ


中古車ランキング一覧へ


FC加盟募集 アップル

荒井商事

東西海運

ASNET

週間オークション情報

MOTORGATE

オークション会場情報へ

繁盛店レポート

バナー広告募集中

グーネット自動車流通へのご意見・ご要望

コラム関連の過去記事を検索する

日  ~  

【対象評価点】

4、4.5点

【抽出価格条件】

直近価格が500千円以上

【抽出台数条件】

毎月50台以上の流通が過去6ヶ月連続していること